ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > サテライトキャンパスひろしま > 【開講レポート】平成26年度「イノベーション技術経営プログラム」6日目を開講しました

【開講レポート】平成26年度「イノベーション技術経営プログラム」6日目を開講しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月13日更新

講座第6日目(1月10日:第13回,第14回)の様子を紹介します!

   平成27年110日(土),平成26年度「イノベーション技術経営プログラム」第6日目を開講しました。

 第13回は,国立広島商船高等専門学校の講師 田上敦士氏に講義いただきました。まずは企業における会計の役割についてわかりやすく解説があり,特にイノベーションのためには何が必要なのか,技術者が把握すべき財務・会計について学びました。

講義講義

講師

広島商船高等専門学校
講師 田上 敦士

講義風景

熱心に聞き入る受講生の様子

 14回は,日産自動車がU字回復を遂げたカルロス・ゴーンによる経営改革の事例をもとに,改革前の財務・営業・労務面の状況,経営改革の道筋(改革のプラン),従来型の経営改革と異なる点,所属組織・企業でこの改革を行うとしたらどのように行うか等について,グループ及び全体討議を通じて学びました。

講義講義

グループワーク1

グループワーク2

受講生の声

  受講生からは,「自分の問題意識(財務の経営に与える貢献)に応えるものだった。大変良い経験になった。」,「企業の変革というものはとても難しいものであるが,やはり危機意識の共有や,しがらみを気にしないことにより成し遂げられるものだと感じた。」,「講師がところどころにはさむ雑談が,とても面白く深みがあり,楽しく聞かせていただいた。」といった感想がありました。

  次は,平成271月24日(土)の第15回,第16回の講義の様子を紹介します。

 【参考】

 当該講座の募集時の資料をご覧になりたい方は,こちらで御確認ください。
 → 平成26年度「イノベーション技術経営プログラム」  募集要項

 

このページのトップへ