ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】夏季休暇期間中の研究室での実験風景2

【生命科学科】夏季休暇期間中の研究室での実験風景2

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月11日更新

 夏季休暇期間中の研究室での実験風景を先月も紹介しましたが、今回はさらに食品資源科学コースの3つの研究室(増田研究室、長尾研究室、藤田研究室)について紹介します。


増田研究室(植物栄養・肥料学研究室)

 木質ペレット焼却灰やバイオ炭を使って栽培実験と調査や分析,夏休み期間中を利用して個別の話し合いなども行っています。

増田研

 

 

 


長尾研究室(細胞工学研究室)

 魚の活力や鮮度を評価するバイオマーカーについても研究しています。夏季休
暇期間中を利用して広島県呉市にある水産海洋技術センター(写真左上)に、貴
重な試料を貰いに行ってきました。採血した試料(写真左下)を持ち帰って、研
究室で解析を始めました(写真右)。

長尾研


藤田研究室 (果樹園芸学研究室)

備北地域に適したワイン用ブドウ品種の選抜を行っています。
9月になり、成熟したブドウから収穫していき、選果・仕込みをおこないます。今は、量が少ないので楽ですが、量が増えると、研究室の学生全員で作業を行います。

藤田研1

藤田研2


このページのトップへ