ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】 ドイツからの招へい研究者

【生命科学科】 ドイツからの招へい研究者

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月16日更新

 日本学術振興会の外国人招へい研究者としてドイツのWuerzburg大学よりFrank Waller教授が10月28日~11月14日の間来日されました(受入・荻田信二郎教授 「広義イネ科タケ植物と微生物の相互作用解明と応用)。滞在期間中は、タケの観察やサンプリングを行い、2度にわたり英語でのセミナーを行いました。セミナーには延べ100名を超える参加者があり、学生にとって刺激になったようです。また、学長表敬訪問を行うとともに、歓迎会なども行い、交流を深めました。

Dr. Waller

このページのトップへ