ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】野下教授・田井教授の論文がPhytochemistry Letters誌に掲載 b

【生命科学科】野下教授・田井教授の論文がPhytochemistry Letters誌に掲載 b

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月13日更新

野下教授田井教授の論文がPhytochemistry Letters誌に掲載されました。以下に論文内容を紹介します。

Toshiro Noshita, Ryoya Onishi, Kaori Miura, Yoshitomo Hamada, Yuki Nishino, Hidekazu Ouchi, Akihiro Tai. Synthetic and in vitro studies to indicate that the structure of the PTP1B inhibitor isolated from Acanthopanax senticosus requires reinvestigation. Phytochemistry Lett., 27, 214-218 (2018).

(日本語タイトル:エゾウコギから単離されたとされるPTP1B阻害活性物質の提出構造は誤りである)

Liらによってエゾウコギ(Acanthopanax senticosus)から強いPTP1B阻害活性物質として単離され、構造決定の報告がなされたジアルデヒドは、糖尿病の予防・治療に応用できる可能性が示されていた。本論文ではこのジアルデヒドおよびその構造異性体を合成し、生物活性試験を実施した。その結果、合成で得られた化合物の各種機器分析データと天然から得られたとされるジアルデヒドのデータは全く一致しなかった。さらにPTP1Bを用いた生物活性試験においても合成した化合物は全く活性を示さなかった。以上のことからLiらによってエゾウコギから単離されたとされるPTP1B阻害活性物質の提出構造は誤りであり再検討が求められる。(なお、Liらのデータを仔細に検討したところ、データ改竄の形跡が見られた。)

fig

このページのトップへ