ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科・生命システム科学専攻】3研究室合同での留学生によるセミナーb

【生命科学科・生命システム科学専攻】3研究室合同での留学生によるセミナーb

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月31日更新
flag 生命科学科では、この4月よりインドネシアのJember大学から3名の大学院生(修士)を短期で受け入れています。受け入れ期間は6ヵ月です。530日の5時間目に3研究室(入船研究室荻田研究室福永研究室)合同でセミナーを行い、3名の留学生がJember大学での修士論文について話しました。英語のプレゼンテーションに受入教員の日本語での解説を交えてのセミナーとなりました。

参加した学生にとっては、インドネシアにおけるイネやキャッサパについての研究状況を知ることができたのみならず、英語での国際会議がどのようなものかを知る良い経験になりました。特に卒業論文でよく似たトピックについて研究している学生にとって、こうした英語学術セミナーは、身近な話題だけに会話に入りやすいという利点があります。生きた英語の学習には、こうした当事者意識が重要です。

庄原キャンパスでは、こうした機会を最大限に利用して、理系ならではのやり方で学生の英語力アップを試みています。

セミナー風景1
セミナー風景2
セミナー風景3

このページのトップへ