ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流 > 国際交流の取組 > トピックス > 中国四川省・成都大学の訪問団が来学しました

中国四川省・成都大学の訪問団が来学しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月4日更新

6月30日(月),中国四川省の成都大学から,副学長の柯玲氏をはじめとする6名の訪問団が広島キャンパスに来られました。  

成都大学は,1978年に中国四川省によって設立され,成都市が運営する総合大学です。成都大学とは,平成23年度
に本学が同校を訪問して以降,学術交流協定の締結に向けて交流と協議を行ってきました。
 本学学長との懇談では,このたびの来学を契機に,早期に協定締結をすることで双方ともに合意し,今後の予定に
ついて意見交換されました。

学長表敬訪問にて
(前列中央左:成都大学副学長 柯玲氏)

 成都大学0

 

記念品の交換
蜀刺繍の掛け軸を記念品として贈られました

 成都大学1

成都大学2 

広島キャンパスでの視察の様子
宮島学センターやカフェテリア,図書館等を見学しました

 成都大学3

成都大学4 

広島県と四川省は,1984年9月に友好提携を締結し,今年はその30周年を迎えます。
30周年を記念し,さまざまな交流事業が行われる予定です。

広島県と四川省との交流の取り組みについては,こちらを御覧ください。


このページのトップへ