ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > トピックス > トピックス > 広島交響楽団によるサロンコンサートを開催しました

広島交響楽団によるサロンコンサートを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月28日更新

 平成26年1月27日(月曜日)に,広島交響楽団によるサロンコンサートが広島キャンパスで行われました。当日は本学の学生や教職員の他に,地域の方々にもたくさんお越しいただき,400名弱の聴衆で会場はいっぱいとなりました。

 コンサートはヴァイオリン,ヴィオラ,チェロ,コントラバスの弦楽五重奏で構成され,クラシック音楽から演歌,映画音楽と幅広いジャンルの曲を,アンコールも含め全7曲演奏してくださいました。より親しみを持っていただくため,聞いたことのある曲を中心にプログラムが組まれましたが,楽器や編曲が変わっていたため,またふだんと違った雰囲気の曲に感じられ,新たな発見となったのではないでしょうか。

 曲間には曲目の解説や演奏者の紹介,それぞれの楽器の特徴や音色,魅力などについてユーモアを交えながらお話しいただき,クラシック音楽を身近に感じることができました。さまざまな楽しいお話の中で,最後に多くの地域の方々にお越しいただいた点に触れ,「皆さんと一緒に文化を育んでいっている」とお話しされていたことが印象的でした。しかし何よりも,演奏者の皆さんが時には情熱的に,時には楽しそうに演奏されている姿が,聴衆にとって強く印象に残ったのではないかと思います。

 オーケストラやクラシックと聞くと敷居が高いと感じてしまいがちですが,今回のコンサートを通じて生の音楽に触れることで,心が豊かになったり幸せな気持ちになったりと,音楽の力を直に感じられる良い機会になったと思います。地域連携センターでは,これからも地域の方々と地域の文化・芸術をつなげる役割を果たしていきたいと考えています。

トーク中の様子    楽器紹介の様子

            トーク中の様子                                 楽器紹介の様子


このページのトップへ