ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > トピックス > トピックス > ちんこんかん踊りが三原キャンパスへ

ちんこんかん踊りが三原キャンパスへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月30日更新

 816日金曜日,三原市小坂地区のみなさんが,三原キャンパスでちんこんかん踊りを披露されました。 んこんかんとは,新倉町牛神社(大須賀神社)に奉納される踊りで,雨ごいや虫除けの祈りを兼ねて奉納するようになったといわれており,三原市の無形民族文化財に指定されています。 

 飾りを施した麦わら帽子や赤い衣装をまとった鬼のお面をかぶった子どもたちが,太鼓や鉦の音に合わせて力強く踊り,教職員が地域の方々と触れ合う良い機会となりました。
新倉町牛神社(大須賀神社)では市内の4団体が踊りを奉納されます。

踊りを披露する小坂地区のみなさん教職員も見物


このページのトップへ