ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 研究者・研究紹介 > トピックス > 平成26年度科研費採択における女性比率が全国第3位

平成26年度科研費採択における女性比率が全国第3位

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月4日更新

  平成26年10月10日に文部科学省から,「平成26年度科学研究費助成事業の配分結果」の発表があり,女性比率(「採択件数」に占める女性研究者の採択件数の割合)で,本学は全国でお茶の水女子大,奈良女子大に続き,第3位(公立大学では第1位)にランキングされました。

 また,今年度の本学全体の採択件数は105件(前年度比+14件)となり,中国・四国・九州の公立大学で8年連続1位をキープしています。

※科研費(科学研究費補助金)は,人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり,基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」です。

科研費採択における女性比率は全国第3位

 平成26年度は,新たに女性比率が公表され,本学は全国で第3位にランキングしました。
(※
採択件数が100件以上の研究機関についてのみ。)

No. 新規+継続
機 関 名女性比率採択件数
1お茶の水女子大学58.3%139
2奈良女子大学41.9%129
3県立広島大学41.0%105
4東京女子医科大学39.9%148
5東京外国語大学37.1%105
6順天堂大学32.1%421
7東洋大学31.2%154
8杏林大学30.7%101
9中部大学30.6%121
10帝京大学29.7%158

(注1)平成26年度科研費のうち,「奨励研究」を除く研究課題について分類したものです。
(注2)女性比率は「採択件数」に占める女性研究者の採択件数の割合です。

 採択件数は中国・四国・九州の公立大学で8年連続1位

 本学全体の採択件数は105件で,昨年度の91件からプラス14件と大幅に増加し,平成17年の法人化以降,毎年順調に増加しています。採択件数では,中国・四国・九州の26の公立大学の中で,8年連続第1位となりました。 

No. 新規+継続
機 関 名採択件数
1県立広島大学105
2九州歯科大学81
3広島市立大学66
4高知県立大学62
5岡山県立大学55
6北九州市立大学54
7高知工科大学53
8福岡県立大学36
9熊本県立大学33
10島根県立大学29

このページのトップへ