ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > コミュニケーション障害学科 > 【コミュニケーション障害学科】 特別講義(高次脳機能障害のリハと支援のプロセス)が行われました

【コミュニケーション障害学科】 特別講義(高次脳機能障害のリハと支援のプロセス)が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月16日更新

【コミュニケーション障害学科】 特別講義(高次脳機能障害のリハと支援のプロセス)が行われました

5月16日(火曜日)、NPO法人高次脳機能障害サポートネットひろしまなどで活動されている、本多留美先生(前・本学准教授)から、特別講義『高次脳機能障害のリハビリテーションと支援のプロセス』についてお話いただきました。講義では医療機関を退院した先にある就労や復職の支援法、神経心理学的評価の解釈と日常生活、利用できるサービスなどについて、先生の経験を交えてわかりやすくお話しいただきました。学生はグループワークで考えたことを積極的に発表して熱心に講義に聞き入っていました。本多先生、ありがとうございました。
特別講義の様子

このページのトップへ