ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > コミュニケーション障害学科 > コミュニケーション障害学科 国際交流事業 台湾 馬偕醫學院との交流(1日目)

コミュニケーション障害学科 国際交流事業 台湾 馬偕醫學院との交流(1日目)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月13日更新

概要

コミュニケーション障害学科では,平成26年度から台湾の台北にある馬偕醫學院(Mackay Medical College: MMC)の聴力言語治療学系(日本の言語聴覚士養成課程に相当する学科)との国際交流を行っています。
 今年度は,MMCより10名(教員4名,ティーチング・アシスタント2名,学生4名)が2月9日,10日の二日間,本学の三原キャンパスを訪問しました。

※台湾では,日本の言語聴覚士にあたる資格は,聴覚学(audiology)と言語病理学(Speech language pathology)に分かれており,今回の交流ではこの両方の専攻の教員・学生が来学しました。

1日目の2月9日には,歓迎式典の後,学科の見学を行ったり,MMCでの学習の様子の発表が行われたりして,双方の教員・学生が交流を深めました。

歓迎式典

本学原田副学長より歓迎の挨拶
本学原田副学長より歓迎の挨拶
MMC 林(Lin)学科長より挨拶
MMC 林(Lin)学科長より挨拶
MMC学生からのプレゼンテーション
MMC学生が,大学での学習の様子や臨床実習のことなどを詳しく説明しました。
学生プレゼンテーションを聞く聴衆
本学の学生はカリキュラムの違いにも驚きながら聞きました。
歓迎式典後の集合写真
歓迎式典の最後に,双方の学生・教員で集合写真を撮りました。

ランチタイム

ランチタイムの様子
双方の大学の学生・教員が混ざって昼食を食べました。それぞれのテーブルで,学生生活や文化の違いなどの話題で盛り上がっていました。

本学学長挨拶

本学学長挨拶

学科内見学ツアー

午後は,コミュニケーション障害学科内の施設の見学などを行いました。
心理学系実験室の紹介
実験心理学系の研究室の見学をして,担当教員の研究内容などを聞きました。
脳波,近赤外光脳機能イメージング装置(NIRS)の見学
脳波,近赤外光脳機能イメージング装置(NIRS)の見学
演習の見学
2年次学生の実習前演習(認知系障害学分野)の見学
聴覚系障害学分野の見学
聴覚系障害学分野の見学では,疑似難聴システムの体験や乳幼児向けの聴力検査機器の見学をしました。
発声発語・嚥下系障害学分野(喉頭模型)の見学
発声発語・嚥下系障害学分野の見学では,各種検査機器の他に喉頭模型などの教材の見学を行いました。

このページのトップへ