ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > コミュニケーション障害学科 > コミュニケーション障害学科 国際交流事業 台湾 馬偕醫學院との交流(2日目)

コミュニケーション障害学科 国際交流事業 台湾 馬偕醫學院との交流(2日目)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月17日更新

概要

 コミュニケーション障害学科では,平成26年度から台湾の台北にある馬偕醫學院(Mackay Medical College: MMC)の聴力言語治療学系(日本の言語聴覚士養成課程に相当する学科)との国際交流を行っています。
 今年度は,MMCより10名(教員4名,ティーチング・アシスタント2名,学生4名)が2月9日,10日の二日間,本学の三原キャンパスを訪問しました。

※馬偕醫學院の聴力言語治療学系では,1年次,2年次は聴覚学・言語病理学の違いはなく共通の学習をして,3年次になるときにどちらの専攻に進むか選択をするそうです。

 2日目の2月10日には,看護学科,理学療法学科,作業療法学科,人間福祉学科の各学科の見学を行った後,双方の大学教員が自身の研究などについて発表を行い,相互理解を深めました。最後に,双方の学生・教員が昼食を共にして今回の国際交流の全日程が終了しました。

各学科の見学

右上から時計回りに 作業療法学科,人間福祉学科,理学療法学科,看護学科
右上から時計回りに 作業療法学科,人間福祉学科,理学療法学科,看護学科

双方の教員の研究紹介

教員の発表1
教員の発表2
教員の発表3

ランチの様子

ランチの様子
学生・教員が共に,テーブルを囲みました。それぞれの大学での学生生活の様子や研究のことなど話が尽きません。

最後に記念撮影

集合写真

このページのトップへ