ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学生生活 > 学生生活支援 > 学生生活についての諸注意

学生生活についての諸注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月26日更新

薬物乱用防止交通安全喫煙・飲酒防犯・軽犯罪消費者トラブルインターネット関連その他

薬物乱用防止について~正しい認識と良識ある行動を

大麻・麻薬・覚せい剤・違法ドラッグ等の禁止薬物の乱用は、自身の精神や身体に害を及ぼすだけではなく、悲惨な事件の原因になる場合があります。次のような薬物乱用の恐さを正しく認識しましょう。

  1. 精神や身体に悪影響を及ぼします。
  2. 薬物乱用を自分の意思では止められなくなります。
  3. 幻覚や妄想が現れ、重大犯罪を引き起こす場合があります。
  4. 法律で厳しく禁止されており、厳罰を受けます。
  5. 友人や家族関係の崩壊につながります。

また、薬物乱用の甘い誘惑には十分に気を付け、誘われても断る勇気を持ってください。


※薬物乱用については麻薬・覚せい剤乱用防止センター・ホームページに詳しく掲載されています。
県立広島大学の薬物乱用防止に関する取り組みについてはこちらをご覧ください。

交通安全について

本学においても重大な交通事故が発生しています。乗用車・自動二輪車・自転車等を運転する際には、交通ルールを守り、安全運転に留意してください。万一、交通事故に遭ったときは、速やかに教学課へ連絡してください。


自転車のマナー尊守と安全運転を心がけて

自転車を利用する場合は、社会の一員としての自覚を持ち、道路交通法に従って危険な乗り方をしないように注意してください。

  1. 二人乗りをしない。
  2. 横に並んで走らない。
  3. いつも安全な速度で走行する。
  4. 狭い道ですれ違う場合には道を譲り合う。
  5. 接触してしまった場合には、誠意をもって対応する。
  6. 他人に迷惑をかけたら素直に謝る。
  7. 夜間走行時は必ずライトを点ける。
  8. 携帯電話・携帯音楽プレーヤーを操作しながら乗らない。
  9. ヘッドホン・イヤホンで音楽を聴きながら乗らない。
  10. ゴミを路上に捨てない。
  11. 原則自転車は歩道を走らず車道を通行する。道路の左側を走行する。
  12. 傘さし運転をしない。
  13. 信号無視をしない。
  14. 一時停止等の標識を守る。
  15. 飲酒運転をしない。

※飲酒運転の危険性や罰則については広島県交通安全・ホームページに詳しく掲載されています。


バイク・自転車通学のルール

広島
キャンパス

所定の場所に駐輪してください。
バイク通学生を対象に開催する講習会に参加し,かつ,届出を行った者に対し,届出済証(シール)を交付します。
(年度中途に届出を行う者については,別途対応します。)
この届出済証(シール)は,必ず自分のバイクに貼ってください。

庄原
キャンパス

所定の場所に駐輪してください。(バイク通学を必要とする場合は、必ず駐車登録認証の交付を受けてください。)

三原
キャンパス

新学年ガイダンスの際、バイク・自転車通学届を配布しますので、大学の駐輪場を利用する学生は、必要事項を記入し、教学課に提出してください。
提出のあった学生には、「届出済証」(シール)を交付しますので、必ず自分のバイク・自転車に貼ってください。

自動車通学のルール

広島
キャンパス 

自動車通学による自動車の大学構内への乗入れ及び駐車は、通学距離の遠近にかかわらず、原則としてみとめられていません。
特別な事情がある場合には、事前に教学課で所定の手続きを行い、学長の許可を受けてください。

庄原
キャンパス

やむを得ず自動車通学を必要とする場合は、必ず駐車場登録認証の交付を受けてください。
別途「庄原キャンパス駐車場利用規定」を配布します。

三原
キャンパス

自動車通学による自動車の大学構内への乗入れ及び駐車は、通学距離の遠近にかかわらず、原則としてみとめられていません。
特別な事情がある場合には、事前に教学課で所定の手続きを行い、学長の許可を受けてください。

 このページのトップへ

喫煙・飲酒について

喫煙

喫煙は、がんを始めとする多くの重大な疾患の原因と関連があります。自分自身の健康のためにはもちろんのこと、喫煙で迷惑している周りの人の健康のためにも喫煙はやめましょう。
また、大学の建物内は禁煙ですので、大学が指定している場所以外での喫煙は絶対にしないようにしてください。
当然のことですが、大学建物の内外を問わず、吸い殻のポイ捨ては厳禁です。

※未成年者の喫煙は法律により禁止されています。


飲酒

飲酒による急性アルコール中毒で病院に運び込まれる事案が、毎年新学期に報道されています。

イッキ飲みでは、短時間でのアルコール摂取のため、血中アルコール濃度が急上昇し、呼吸麻痺や体を揺り動かしたり、つねったりしても反応がない「急性アルコール中毒」を引き起こし、死に至る危険すらあります。これは酒に「強い」「弱い」に関係ありませんので、イッキ飲みの誘いは勇気をもって断りましょう。

※未成年者の飲酒は法律により禁止されています。言うまでもありませんが、飲酒後の自動車やバイク・自転車等車両の運転は犯罪です。絶対に行わないでください。

このページのトップへ

防犯・軽犯罪~犯罪はしない させない 見逃さない~

盗難防止の心がけ

貴重品などの管理は、各自で責任をもって行い,盗難などに遭わないようにしてください。わずかな時間でも自分の目が届かない場所に貴重品などを置いたままにしないよう注意しましょう。貴重品などを紛失したとき又は盗難にあったときは,直ちに教学課へ届けてください。拾得したときも速やかに届け出てください。


女性の防犯対策 ~痴漢・性犯罪~

「私だけは大丈夫」と思っていませんか。防犯において最も大切なことは、「自分の身は自分で守る。」という、みなさん自身の意識と行動です。日頃から未然防止を心がけましょう。

  1. 甘い誘いに乗らない
  2. 深夜の一人歩きは避ける
  3. 不用意にドアを開けない
  4. 戸締りは確実に
  5. エレベーターに注意
  6. おかしいと思ったら110番

県立広島大学の女性の防犯対策に関する取り組みについてはこちらをご覧ください。


デートDVで悩んでいませんか

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者やパートナーからの暴力のことで、デートDVとは同居していない交際相手からの暴力を言います。当事者同士の問題と考えられがちですが、犯罪となる行為をも含むものであり、決して許されるものではありません。

こうした問題を抱えてしまった場合は、ひとりで悩まないで、教学課や学生相談室に相談してください。

 このページのトップへ

消費者トラブル

悪質商法

高額な英会話教室や資格試験講座などに勧誘する悪質商法が全国的に広がっています。内容や支払方法をよく調べて、本当に自分に必要なものであるかよく考えて決めましょう。あいまいな返事は禁物です。はっきりと「いりません」と断る勇気を持ちましょう。

また、迷惑メールの撃退や多額の商品の当選を装ったメールを受信し、連絡を行ったばっかりに、個人情報を入手され、新たな詐欺につながるなど、様々な手口による被害が発生しています。

このようなメールを受信しても、身に覚えのない請求である場合には振り込むことはもちろん、絶対に相手には連絡しないでください。決して慌てず、教学課に相談するなどして、冷静な行動をとりましょう。


オイシイ話にはご用心!

学生をねらった悪徳商法が多発しています。学生の社会的経験の少なさなどにつけこみ、「楽して儲かる」といった気持ちを起こさせ、時には脅迫まがいの方法で引き込んだりします。次のような巧妙な手口にはくれぐれも注意してください。

  1. キャッチセールス
  2. アポイントメントセールス
  3. マルチ商法
  4. モニター商法・資格商法・内職商法など

※長期間の休業期間中は、特に注意しましょう。もし、何らかのトラブルに巻き込まれた場合には、各キャンパスの教学課や専門機関(消費生活センター、警察サイバー犯罪対策窓口等)に相談してください。


カルト団体や過激活動集団の勧誘

巧みに学生に近づいてきて、気づかない内にマインドコントロールされる恐れがあります。そうなると正常な判断力を失い、脱会が難しくなりますので、気をつけてください。

 このページのトップへ

気をつけようインターネット~SNSを利用するにあたって~

サイバー空間における各種犯罪の発生が大きな社会問題となっています。インターネットを利用する際には、犯罪に巻き込まれないよう、犯罪に加担したことにならないよう、十分注意してください。

行為の悪質性や結果の重大性によっては、大学による懲戒処分の対象になる場合もありますので、十分注意してください。


SNS上の情報は、世界中に広まります。安易な個人情報の掲載は危険です。

後で削除できると思い、気軽にSNSに発言を投稿していませんか。一度ネット上に掲載された記事は、削除したとしても世界の誰かのコンピューターに保存されている可能性があります。十分に考えてから投稿しましょう。

SNSでは、匿名であったとしても、発言には責任が伴います。

誹謗中傷は、人権侵害につながります。匿名であっても個人を特定されてしまいます。不用意な発言は絶対にやめましょう。

SNS上の情報は、必ずしも正しいものばかりではありません。

SNS上はデマや不確かな情報も掲載されています。誤った情報をあなた自身が拡げ、自分が加害者にならないようにしましょう。

SNS上においても、社会的ルールを守りましょう。

他の人の写真や情報を無断で掲載することで、トラブルになることがあります。写真や名前、その他個人情報を不用意に掲載するのは絶対にやめましょう。

SNSでの不用意な発言は、大事な人に被害が及ぶことがあります。

ネットで個人情報が公開されてしまった場合、あなた個人の情報だけでなく、家族や友人の情報まで、ネット上に公開されてしまう場合があります。 

※サイバー犯罪については広島県警察ホームページに詳しく掲載されています。

  このページのトップへ

その他

海外旅行へ行く前に安全性の確認を

特定の国・地域によっては治安の悪化等により、渡航を自粛したり、特別の注意が必要な場合があります。渡航前に目的地の安全性を詳しく調べるようにしましょう。また、万一の場合に備え、保険に加入することを勧めます。

※これらの安全情報は、外務省 海外安全ホームページに詳しく掲載されています。


不審者を見かけたら

学内で危険な目に遭ったり、セールス・アルバイト等の勧誘を行っている者や不審者を見つけた場合は、躊躇せずにチューター(指導教員)、教学課または警備員等に連絡してください。

また、犯罪に巻き込まれそうな場合や、身の危険を感じた場合は、すぐに「110番」か各警察署へ電話してください。

広島南警察署庄原警察署三原警察署
082-255-01100824-72-01100848-67-0110

  このページのトップへ

 



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ