ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康科学科 > 健康科学科2年生のグループが「エコキャップ運動」に参加しています

健康科学科2年生のグループが「エコキャップ運動」に参加しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月1日更新

健康科学科2年生のグループが「エコキャップ運動」に参加しています

健康科学科の学生グループ7th NTTは,県立広島大学人間文化学部健康科学科第7期生(現2年生)27人でつくった自主サークルです。グループ名の“NTT”はnutrition(栄養学)にちなんで命名しました。主な活動内容は,学内でのペットボトルのキャップ回収,無農薬野菜の栽培,健康づくりのための定期的な運動です。

平成23年10月から始めたキャップの回収活動は,自動販売機がある「学生サロン」と「食堂」の前に回収ボックス(ダンボール)を置き,今年度も継続しています。ペットボトルのキャップは,NPO法人エコキャップ推進協会を通じ,800個でワクチン1回分と交換され,世界でワクチンを必要としている子供たちに届けられます。平成24年3月,集めたキャップ3,333個を洗浄し,エコキャップ運動協力リサイクル業者の西原化成(広島市南区)へ送りました。

ひとりでも多くの子供の助けになるよう,今後も「エコキャップ運動」を続けていきたいと思います。 

 

ntt1.JPGのサムネイル   ntt1.JPGのサムネイルのサムネール画像


このページのトップへ