ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流 > 国際交流の取組 > 【実施報告】講演会『米国から見た貿易自由化がもたらす経済的メリット』

【実施報告】講演会『米国から見た貿易自由化がもたらす経済的メリット』

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月31日更新

講演会の開催報告

平成27年7月17日(金),サテライトキャンパスひろしまにて,駐大阪・神戸アメリカ総領事館主催,本学共催による特別講演会を,下記のとおり開催しました。6月に続き第2回となる本講演会では,講師のスコット C. ブラッドフォード氏が世界でグローバル化が進む中での日本経済の展望について話されました。会場には学生や教職員,学外からの聴講者など50名の来場者が集まり,講演に熱心に聞き入る姿が見られました。

0717講演 

0717講演2 

7月17日の講演会の様子

1 講演会の紹介 <日本語逐次通訳つき> (開催終了)

 世界の二大先進経済大国である日米二国間の経済関係は,グローバル経済に大きな影響を与えます。本セミナーでは,米国の経済学者であるブラッドフォード博士にご登壇を頂き,貿易自由化とアベノミクス第三の矢である構造改革が,いかに相乗効果をもたらすかについて解説していきます。

 貿易自由化における日米間の協力が,日米双方に毎年数十兆円の経済効果,そして世界経済に120兆円にのぼる経済的見返りをもたらす可能性について解説し,主要分野における日米経済協力がどのように日本経済を活性化させて,我々に利益をもたらすのかについて検証します。

 

0717japanese      0717english

→ チラシ(日本語)はこちら [PDFファイル/318KB]   →チラシ(英語版)はこちら [その他のファイル/409KB]

2 セミナー概要

(1) 日程

  平成27年7月17日(木)

(2) 時間

  ・ 講演会 18時30分~20時00分

(3) 講師

  スコット C. ブラッドフォード (ブリガム・ヤング大学経済学部准教授

【プロフィール】

  【職歴】 
2005
8-現在:ブリガム・ヤング大学経済学部準教授
2005
8-20068月: 国際経済研究所 客員研究員
1998
8-20058月: ブリガム・ヤング大学経済学部助教授 19977-19988月: ブリガム・ヤング大学経済学部客員講師19941-19975月: ハーバード大学経済学部ティーチング・フェロー 19945-19948月:       ハーバード大学公共政策大学院「ケネディスクール」インストラクター

【学歴】1998年:ハーバード大学より博士号取得 (政治経済学) 1991年:プリンストン大学より修士号取得 (国際政治経済)

【研究分野】国際貿易、移住、新古典派政治経済学、日本経済

  サテライトキャンパスひろしま 5階 中講義室
  (〒730-0051 広島県広島市中区大手町1丁目5−3)

   ▶▶ 会場へのアクセス

4 参加費

  講演会:無料 

5 募集人員

  100名

6 申込方法(終了)

   オンラインでの受付

7 主催 

  駐大阪・神戸アメリカ総領事館

8 共催

 県立広島大学,ひろしま地球環境フォーラム,呉工業高等専門学校

【問い合わせ先】

駐大阪・神戸アメリカ総領事館 広報部

   担当:松 村 / Tel  :06-6315-5974 / Email: matsumuramx@state.gov

県立広島大学 国際交流センター

   Tel:082-251-9607 /Fax:082-251-9781 / Email:puh-ie-s@pu-hiroshima.ac.jp

  

3 開催場所

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ