ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生命科学科 > 生命科学科の学生が地域の商品開発に携わりました

生命科学科の学生が地域の商品開発に携わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月18日更新

 本学の生命科学科4年で吉野研究室の平家美優さんと,地元企業の「グリーンウインズさとやま」チャンポン,「しょうばら産学官連携推進機構」が共同研究で開発した『しょうばらいろチャンポン』が国営備北丘陵公園でイルミネーションの期間中,限定販売されています。

 古代米を使用した麺は黒いことが特徴で,生命科学科の村田和賀代准教授が開発に携わった「どんぐりコロコロ豚」のチャーシューと,庄原の地元野菜が使用されています。

 公園内の北入口エリアの軽食「きゅうくん」で販売されていますので,備北丘陵公園お越しの際は,ぜひ召し上がってみてください。

国営備北丘陵公園ホームページ
http://www.bihoku-park.go.jp/
しょうばら産学官連携推進機構ホームページ
http://www.shobara-sangakukan.com/


このページのトップへ