ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生命科学科 > 本学の教員が大和エイドリアン賞2007を受賞

本学の教員が大和エイドリアン賞2007を受賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2007年12月22日更新

本学生命環境学部生命科学科の相沢慎一教授がリーダーを務める日英共同研究チームが,大和日英基金が行う「大和エイドリアン賞2007」を受賞しました。

大和エイドリアン賞(Daiwa Adrian Prizes)は,1992年に創設され,基礎科学,応用科学の分野で,優れた提携プロジェクトを実施する日英科学共同研究チームに対し,3年毎に授与されます。研究プロジェクトの科学分野における重要性,これまでの研究経緯はもとより,日英科学交流への長きにわたる貢献を顕彰するものです。

今回の受賞は,本学とソケット教授をリーダーとする英国・ノッチンガム大学との日英共同研究プロジェクト「デロビブリオ細菌による捕食者・被食者相互採用のプロテオミクス・遺伝学・微細構造」が評価されたものです。

なお,この賞の贈呈式は,2007年12月4日に,ロンドンの英国学士院にて開催されました。

2007年12月4日、ロンドンの英国学士院にて

授賞式において。右から6番目が相澤教授,7番目がソケット教授。


このページのトップへ