ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

カリキュラム

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月7日更新

実践力のある助産師の育成を目指し,授業科目は3つの領域(22科目)で構成

助産学基礎領域

助産学についてを基礎からじっくり修得。すべてのベースとなります。

  • 助産学概論
  • 性と生殖の形態と機能(I・II)
  • 新生児・乳幼児学

 

助産学実践領域

助産師に欠かせない知識や技術を修得。実践力を身につけます。

  • 助産診断・技術学(I・II・III)
  • 助産診断演習(I・II)
  • 周産期ハイリスクケア
  • 助産学研究
  • 地域母子保健
  • 助産管理
  • 助産実習(I~IV)

女性への健康支援領域

母子や家族への支援,女性の生涯を通じた健康への支援。

  • 生殖医療と生命倫理
  • リプロダクティブヘルスと家族計画
  • 周産期支援活動論
  • 総合ヘルスケア論
  • 親子関係発達論

このページのトップへ