ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 宮島学センター > 学生による企画展示「弥次さん北さんの宮島参詣-東海道中膝栗毛には続きがあった!?-」を開催します

学生による企画展示「弥次さん北さんの宮島参詣-東海道中膝栗毛には続きがあった!?-」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月14日更新
あの弥次さん、北さんが…なんと宮島を訪れていた!
江戸時代後期の大人気作家 十返舎一九(1765-1831)。彼の代表作「東海道中膝栗毛」では、弥次さんこと弥次郎兵衛と、北さんこと北八(喜多八)の二人が東海道を歩いて江戸から伊勢、さらに京都・大坂に至るまでの珍道中を描いています。
「東海道中膝栗毛」はベストセラーとなり、瀬戸内と宮島を舞台とした続編「続膝栗毛二編宮島参詣」も出版されました。

この企画展示では、「続膝栗毛二編宮島参詣」の各場面から、当時の宮島や旅の様子を、弥次北の珍事件とともに紹介していきます。

展示期間

平成28年 8月22日(月曜日)~9月9日(金曜日)
平日8時45分~20時30分、土曜日・日曜日は休館

会場

広島キャンパス図書館2階
(広島市南区宇品東1-1-71)

入館料

無料

学生によるギャラリートーク

8月24日・31日・9月7日
いずれも水曜日14時から30分程度。
企画展示を担当した学生がギャラリートークをおこないます。

主催

宮島学センター、広島キャンパス図書館

詳細

こちらの展示チラシをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ