ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 宮島学センター > 学生が企画展示のギャラリートークをおこないました

学生が企画展示のギャラリートークをおこないました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月1日更新
現在、広島キャンパス図書館2階で学生による企画展示「「弥次さん北さんの宮島参詣-東海道中膝栗毛には続きがあった!?-」を開催しています。

8月24日(水曜日)と31日(水曜日)には、この展示の準備をおこなった国際文化学科の学生がギャラリートーク(展示解説)をしました。

展示をご覧いただきながら、十返舎一九「続膝栗毛二編宮島参詣」のエピソードとともに、ご紹介しました。

膝栗毛ギャラリートーク1
8月31日のギャラリートークでは、江戸時代の旅に必要な道具や、
膝栗毛ギャラリートーク2
弥次さんと北さんが楽しんだ瀬戸内の船旅について紹介しました。
次回のギャラリートークは、9月7日(水曜日)です。


「東海道中膝栗毛」の「膝栗毛」って、どういう意味?

江戸時代の宮島にいた、いたずら好きの猿とは?

弥次さんと北さんは宮島のどこを歩いたの?

これらの答えが知りたい方は、ぜひギャラリートークにご来場ください。
企画展示の詳細はこちら

このページのトップへ