ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 宮島学センター > 管絃祭の提灯づくりに今年も参加しました

管絃祭の提灯づくりに今年も参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月4日更新

管絃祭の提灯づくりに今年も参加しました

宮島学センターでは、旧暦6月17日に行われる管絃祭の夜、地御前神社から宮島に還御する御座船をお迎えする際、お集まりのみなさまにお配りする提灯作りのボランティアを平成19年から続けています。

管絃祭は外国からの観光客も多い、宮島最大の祭のひとつです。
今年も「地域文化学(宮島学)」の受講生を中心に、19名の学生(教育ネットワーク中国の単位互換制度による他大学の受講者を含む)が、宮島学園の児童生徒たちとともに参加しました。

国際文化学科の専門科目「地域文化学(宮島学)」では、厳島の歴史、伝統、文化等についての基礎知識を学ぶだけでなく、現地でのフィールドワーク(複数のテーマからひとつを選択)を行います。

今年は竹西寛子さんの『管絃祭』を読んだうえで参加した学生も多く、提灯作りから祭のクライマックスまでを長浜で過ごして、深い感銘を受けたようでした。

かがり火の中、漕ぎ手のかけ声を聞きながら、伝統を守り伝えることに思いを馳せたり、広島で学ぶことの意味を自らに問いかけたり、それぞれの思いを心に刻んだ一夜になりました。
提灯づくり
提灯作りの様子
提灯配布
提灯を配布する学生たち

このページのトップへ