ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 宮島学センター > 宮島学センター開所10周年記念シンポジウム「宮島学が目指すもの―文化財の保存と継承―」を開催します

宮島学センター開所10周年記念シンポジウム「宮島学が目指すもの―文化財の保存と継承―」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月25日更新
宮島学センターは,平成21年4月の開所以来,宮島の歴史や文化について研究し,その成果をもとに学生教育や地域連携活動をおこなってきました。
このたび開所10周年を記念して,シンポジウム「宮島学が目指すもの-文化財の保存と継承-」を開催します。

日程

令和元年9月28日(土曜日)13時~16時

会場

県立広島大学広島キャンパス2棟1階 大講義室
(広島市南区宇品東1-1-71)

内容

13時~ 講演「海に立つ嚴島神社大鳥居の構成と維持」
講師:山田岳晴氏(福井大学大学院工学研究科建築建設工学講座講師)

14時50分~パネルディスカッション
パネリスト:山田岳晴氏,福田道憲氏(嚴島神社禰宜),秋山伸隆(県立広島大学宮島学センター長)
司会:鈴木康之(県立広島大学人間文化学部教授)

対象

どなたでも

受講料

無料

申込締切

令和元年9月6日(金曜日)必着

詳細はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ