ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 作業療法学科 > 【作業療法学科】大学院作業遂行障害領域の中間報告会が行われました

【作業療法学科】大学院作業遂行障害領域の中間報告会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月10日更新

大学院M2生の研究発表

 今日は,県立広島大学大学院 総合学術研究科 保健福祉学専攻 作業遂行障害領域の2年生3名による中間報告会がおこなわれました。

 1人30分の発表及び質疑応答とたっぷりと時間をかけてディスカッションが行われ,鋭い質問や白熱した議論,そして的確なアドバイスが行われました。

 大学院中間報告2019②

 今日のやり取りから,研究の奥深さ,そして面白さが共有できたのではないかと思います。発表された院生のみなさんは,ぜひ自分の研究をブラッシュアップして,より意義深い知見を生み出されることを応援しています。


このページのトップへ