ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 作業療法学科 > 【作業療法学科】クイーン・マーガレット大学との交流の成果を発表しました

【作業療法学科】クイーン・マーガレット大学との交流の成果を発表しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月11日更新
 作業療法学科の1年生は,文化が作業に与える影響を理解することを目的に,スコットランドにあるクイーン・マーガレット大学の学生たちとメール交換を行っています。
 12月11日の作業療法概論の授業において,学生たちはクイーン・マーガレット大学の学生とのやり取りから得た情報をまとめたポスターを発表しました。ポスターには,日本とスコットランドにおける料理,行事,大学の授業の違いや価値観の違いがよく表現されていました。
 今年の発表会には,クイーン・マーガレット大学のカンターズィス・サラ先生も参加してくださいました。学生たちは英語で活発な議論を行っていました。
ポスター発表の様子1
ポスター発表の様子2

このページのトップへ