ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 作業療法学科 > 1年生は月に1度ホームルームを行っています.

1年生は月に1度ホームルームを行っています.

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新
 県立広島大学ではチューター(担任)制度を採り入れ学生サポートを行っています.

 作業療法学科13期生(1年生)のホームルームについてご紹介です.

 今年は月に1度の頻度でホームルームを行います.

 入学後約1カ月が経ち大学生活にも慣れてきた様子です.ガイダンス時の様子から成長が見られます.

 ホームルームでは,作業療法士になるために必要なことの1つとして豊かな人生経験が必要であることについて話をしました.
 1人1人時間やお金は平等で有限という当たり前だけど意識しないと気づきにくいものがあり,そこを大切にして学生生活を充実させていただければと思っています.
 1人の人間として・作業療法学生としての意味や役割・価値など自分を大切に愉しい大学生活につながる1つのきっかけになればと思っております.

 写真は,チューター面談のスケジュールを組んでいるところ(上)と学生だけで運営している実習費について説明会を開いている様子(下)です.
面談の日程決め
実習費担当委員から説明中

このページのトップへ