ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域連携センター > 平成29年度県立広島大学学術講演会「DNAで語る日本人の起源」を開講します

平成29年度県立広島大学学術講演会「DNAで語る日本人の起源」を開講します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

概要

 今回の学術講演では,テレビなどでも活躍をしている国立科学博物館副館長の篠田謙一先生を講師に,日本人の起源についてご講演いただきます。日本人はどこから来たのでしょうか。DNAという科学的データに基づいてその謎を解き明かします。先生のご専門は分子人類学で,日本・ロシア・中国・台湾・ベトナム・中南米をフィールドに古代人の人骨などに残っているミトコンドリアDNAを分析して,人類の移動について幅広く研究されています。

日時

平成29年11月24日(金曜日) 10時40分~12時10分 

場所

県立広島大学庄原キャンパス大講義室(2号館1階)

聴講料

無料

申込方法

当日,直接会場へお越しください。

主催

県立広島大学

共催

しょうばら産学官連携推進機構

 問合せ先

県立広島大学庄原キャンパス(庄原市七塚町5562)

庄原キャンパス総務課 TEL 0824-74-1000  Fax 0824-74-0191

庄原地域連携センター TEL&Fax 0824-74-1704

                E-mail:gakujutu@pu-hiroshima.ac.jp

 詳細

こちらをご覧ください。平成29年度県立広島大学学術講演会 [PDFファイル/217KB]

291124


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ