ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域連携センター > 環境科学科および生命システム科学専攻の学生が,「環境の日」ひろしま大会に参加しました。

環境科学科および生命システム科学専攻の学生が,「環境の日」ひろしま大会に参加しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月8日更新

67日(日曜日),広島県庁前広場をメイン会場に開催された平成27年度「環境の日」ひろしま大会に,環境科学科および大学院生命システム科学専攻の学生11名がブース出展しました(庄原地域連携センター企画)。

当ブースでは,「実験&クイズで水と環境について考えよう」のテーマのもと,「おいしい水とは?」に関する実験(市販のミネラルウォーターの硬度の分析*1),「水を使うとどのくらい汚れるの?」と題した実験(市販のカップラーメンの残り汁のCOD分析*2)を行いました。また,水環境保全に関する説明やクイズを,学生の自作ポスターを用いて分かりやすく説明しました。

当日は幸いにも天候に恵まれ,多くの方々に当ブースにお越しいただき,参加学生も充実した時間を過ごすことが出来ました。暑い中,ご訪問下さいました皆さんに感謝申し上げます。

 

*1:主なミネラル分である,Ca及びMgの含有量を表す。おいしい水の条件としては,硬度成分が適度に含まれることが必要である。硬度の低い水は「軟水」といい,味にくせがない。一方,硬度の高い水は「硬水」といい,しつこい味を感じるが,人によって好き嫌いが分かれることが多い。

 

*2:化学的酸素要求量(Chemical Oxygen Demand)の略。水中の有機物を酸化剤で化学的に酸化する際に消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもの。工場排水,海域や湖沼の水の有機物による汚濁の程度を示す指標として用いられている。

 

○参加学生の声

吉田 真奈美さん(環境科学科3年)

今回,私たちは広島市で行われた環境の日のイベントに参加し,簡単な実験を通してイベントへ来られた方々に水の硬度やCODについて学んでいただくお手伝いをさせていただきました。このようなイベントに参加するのは初めてだったので,上手に分かりやすく説明できるか不安でした。しかし,周りの方々に助けをいただいたおかげで無事にイベントを成功させることができました。また,他のブースの方々とふれあい,学ぶこともできました。私は,このイベントに携わることができて本当によかったと思います。

展示ブースの様子1 展示ブース2

集合写真


このページのトップへ