ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域連携センター > 平成18年度三原市・県立広島大学研究開発助成事業の研究成果を掲載しました。

平成18年度三原市・県立広島大学研究開発助成事業の研究成果を掲載しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月22日更新

概要

平成18年4月7日に三原市と本学の間に包括的連携・協力に関する協定書が結ばれ、連携事業の一つとして「研究開発助成事業」を実施しました。 この「研究開発助成事業」は本学から提案した研究開発課題のうち、三原市が採択したものについて、その助成を受けながら調査・研究を進めていこうとするものです。 採択された4件について平成18年度の研究成果は次のとおりです。

研究開発課題所属
研究代表者氏名
助成期間
三原市におけるライフステージごとの
子育て支援ニーズと地域における援助資源に関する調査
保健福祉学部
人間福祉学科
講師:細羽竜也
平成18年度
特定高齢者の介護予防モデルの開発とその効果検証保健福祉学部
理学療法学科
助教授:辻下守弘
平成18年度
肥満調査・肥満予防プログラム策定に向けた
通常身体活動と肥満指標解析
保健福祉学部
看護学科
教授:堂本時夫
平成18年度
佐木島の自然環境(島遍路と砂浜)を生かした健康づくり保健福祉学部
理学療法学科
教授:大塚彰
平成18年度
~19年度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ