ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 地域連携 > 【人間福祉学科】学生の学び:地域の方とのワークショップ

【人間福祉学科】学生の学び:地域の方とのワークショップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

学びの場は地域の中に

 人間福祉学科の学生6名が世羅町西大田地区で地域の課題を考える住民ワークショップに、
ファシリテーターとして参加しました。(平成29年3月24日開催)

 27名の住民の方々が参加してくださり、西大田地区の「新四国は四十八ヵ所」の石像群の
活用方法や地区の課題について意見を取りまとめました。

 普段、授業や演習で学生同士のグループワークを行っていますが、住民の方から意見を
引き出すには質問を言い変えたり、例を挙げるなど、ひと工夫が必要です。
大学の外に出て地域の中でこその学びがあります。
 
 ワークショップは県立広島大学重点研究の一環で実施しています。
地域住民とのワークショップ

このページのトップへ