県立広島大学大学院 人間文化学専攻

言語文化・社会文化研究分野 言語文化研究分野
准教授 鄭 遇澤(CHUNG、WooTaek)

Chung Wootaek

messageMessage

韓国語をより深く研究したい方、いつも歓迎です。

研究テーマ研究テーマ

専門分野

韓国語の音韻史(近代), 文獻学, 音韻論, 形態論、認知言語学

キーワード

韓国語学, 通時音韻論, 文獻学, 形態論

現在の研究について

  • 韓国語の音韻史、特に近代(17-19世紀)文獻を中心に研究しています。
  • 韓国語の音韻論・形態論について一般言語学理論をもとにした研究をしています。
  • 日本語のNative Speaker のための韓国語の敎授及び学習方法論を開発しています。

今後進めていきたい研究について

  • 韓国語と日本語の比較研究のための音韻史的基礎的研究を進めたいです。なお、それを援用して、日本語のNative のための敎授及び学習方法論を開発します。
  • 認知科学と認知言語学の成果を利用して、比較言語学的研究に応用してみます。

地域• 社会と連携して進めたい内容

  1. 韓国語と日本語の音韻史に関する比較研究や韓国語の敎授及び学習方法論開発に関する協力活動
  2. 文獻交流の歴史的研究を通じて、相互文化に関する理解力を高める活動
  3. 一般のための韓国語案内講座及び韓国語講師を対象にする教授方法論の講習

これまでの連携実績

  • 高大連携講座、公開講座、高校生のための模擬講義などを毎年実施しています。
  • 韓国の言語と文化に興味ある市民や団体との交流を進めていきます。

message研究業績

  • Lexicon in Cognitive Linguistics and Diachronic method(2014), 県立広島大学人間文化学部紀要9.
  • On some issues concerning Lexicalization and Grammaticalization(2013), 県立広島大学人間文化学部紀要8.
  • On the Changes of Particle `-sa` from a viewpoint of comparative method (2012), 県立広島大学人間文化学部紀要7.
  • 標準国語大辞典(韓国国立国語院)執筆委員。

PAGE TOP