県立広島大学大学院 人間文化学専攻

言語文化・社会文化研究分野 言語文化研究分野
准教授 西原貴之

Takayuki Nishihara

messageMessage

 私は、文学教材をどのように英語教育に活用すればよいのかということをテーマに研究をしていますが、つねに「文学とは何か」「テクストはどのような条件において文学となるのか」「人はどのようにして文学を読むのか」「その読解処理過程は他のジャンルのテクストの読解処理過程とどう異なるのか」「なぜ人は文学なるものを持っているのか」といった壮大な問題と常に直面します。私にとっては、この研究テーマは、宇宙誕生の謎、生命誕生の謎、深海生物の生態、といった問題と同程度にロマンにあふれた研究テーマだと思っています。みなさんも、日頃抱いている疑問を、ロマンと情熱をもって大学院でとことん考え抜いてみませんか。大学院では、そのような疑問を、先行研究の成果を活用しながら、適切な方法論をもって研究します。英語教育(要相談ではありますが、文学を使った英語教育研究以外も対応可能です)、英語文体論(文学作品の言語分析)、文学の経験的研究(文学読解処理様式の研究)の分野で一緒に新しい知の創造を行いましょう。

研究テーマ研究テーマ

1. 日本人英語学習者の英語文学作品の情報処理様式に関する研究

 心理学的な方法によって、日本人英語学習者は目標言語である英語で書かれた文学作品(詩、短編小説、小説、戯曲など)をどのように情報処理しているのかを研究しています。そして、どのような点を面白いと感じるのか、どのような点を困難であると感じるのか、どのような点が英語を母語とする読者と異なっているのか、といった点について明らかにし、英語文学教材の指導に役立てたいと考えています。

2. 英語文学読解の第2言語習得への効果の研究

 日本人英語学習者が英語文学作品を読むことで、英語学習にどのような効果があるのかを研究しています。英語学習のどういった点について文学作品の利用は効果的なのか(あるいは向いていないのか)、どの程度効率的なのか、といった点について調査することで、英語教育における教材配列に役立てたいと考えています。

3. 脳機能からみる日本人英語学習者の英語文学読解プロセスの特徴の研究

 近赤外分光法(Near-infrared spectroscopy: NIRS)によって、日本人英語学習者は英語文学作品をどのように読んでいるのか、読み方は英語説明文読解時と異なるのか、英語力の違いによって英語文学作品読解様式は異なるのか、という点を調査し、英語文学教材指導のための基礎データを収集しています。

4. 英語文学教材の指導方法の研究

 言語学一般、文体論、言語哲学、文学理論などの考えを援用しながら、「文学作品が読める」とはどういうことを意味するのかということを検討し、英語教師が実際に英語文学教材を授業で扱う際のガイドラインを作成しています。

5. 英語文学教材のテスト研究

 英語文学教材を授業で扱った後、定期試験でどのような設問を設定すればよいかということを研究しています。

message研究業績

  • Nishihara, T. (forthcoming). Strategies of Japanese L2 English learners who have had limited exposure to poetry in the target language. In M. Burke, O. Fialho & S. Zyngier (Eds.). Scientific Approaches to Literature in Learning Environments. Amsterdam: John Benjamins.
  • Nishihara, T. (forthcoming). Achievement tests for literary reading in general EFL reading courses. In M. Teranishi, Y. Saito, & K. Wales (Eds.), Literature and language learning in the EFL classroom. Basingstoke: Palgrave Macmillan.
  • 西原貴之(2014).「創造的英語表現」.In 馬本勉(編),『外国語活動から始まる英語教育:ことばへの気づきを中心として』(pp. 91-105).あいり出版.
  • Nishihara, T. (2013). Evaluative comprehension for poetry with parody poems. Bulletin of the Faculty of Human Culture and Science, Prefectural University of Hiroshima, 8, 65-77.
  • 西原貴之(2013).「Mainland China's real estate market sees flight in new buyers:中国本土の不動産市場、新たな消費者に資本の逃避を見る」.川村亜樹(編),『英語で現代中国・アジアを多角的に読む2:The Nikkei Weeklyを活用したプラクティカル・イングリッシュ・トレーニング』(第6章,pp. 76-85).大学教育出版.
  • 西原貴之(2012).「Hare-in-the-Moonから英語教育への贈り物?-教材 "The Hare's Gift" における文学的言語表現とそれらの付属教材での扱われ方についての検討-」.『Language Education & Technology』,49,245-274.
  • Nishihara, T. (2012). Poetry reading and noticing the hole in interlanguage: A proposal for investigating the relation between poetry reading and interlanguage development. JACET Journal, 54, 53-59.
  • Nishihara, T. (2012). A comparative study on dictionary uses in literary and expository reading. Bulletin of the Faculty of Human Culture and Science, Prefectural University of Hiroshima, 7, 141-154.
  • 西原貴之(2010).「教材「The Hare's Gift」の文学的言語特徴に注目した設問例」.『Unicorn Journal』,72,14-17.
  • 西原貴之(2010).「英語教育における「文学的文学教材」開発のための一考察-テクストの書記素論的特徴に焦点を当てて」.『Journal of Quality Education』,3,95-110.
  • Nishihara, T. (2010). Taking critical attitude towards Critical Approach to Applied Linguistics: Semantic comparison of the term critical between CDA and Applied Linguistics. JABAET Journal, 13, 107-124.
  • 西原貴之(2010).「間テクスト性をもった英語詩を利用したリーディング指導」.In 小迫勝・瀬田幸人・福永信哲・脇本恭子(編),『英語教育への新たな挑戦-英語教師の視点から』(pp. 103-116).英宝社.
  • 西原貴之(2009).「英詩の解釈プロセスにおける英語学習者の言語形式への気づきの生起」.『LET関西支部研究集録』,12,21-35.
  • 西原貴之(2009).「「外国語教育における文学」の研究の方向性に関する提案:交流モデルの観点から」.『教育学研究ジャーナル』,5,31-39.
  • 西原貴之(2008).「英語詩を利用した言語形式の焦点化の特徴に関する一考察-詩のコミュニケーションの特徴から-」.『日本教科教育学会誌』,31 (2),19-28.
  • 西原貴之(2007).「外国語教育で文学教材利用を主張する際の留意点についての小論-文学教材反対派からの批判及び文学教材賛成派によるそれらへの応答をもとに」.In 三浦省五先生御退職記念事業会(編),『三浦省五先生退職記念:英語教育学研究』(pp. 149-166).三浦省五先生御退職記念事業会.
  • 西原貴之(2006).『学習者による言語形式への「気づき」の生起に関する研究-文学的読解と説明文的読解の比較の観点から-』.関西学院大学出版会.
  • 西原貴之(2005).「英語教育における「文学的文学教材」を開発するための理論的考察-等価性の原理、内的逸脱、外的逸脱に焦点を当てて-」.『日本教科教育学会誌』,28 (3),43-52.
  • Nishihara, T. (2005). A study on the relation between the development of L2 linguistic knowledge and literary reading. JACET Chugoku-Shikoku Chapter Research Bulletin, 2, 1-20.
  • 西原貴之・石原知英・江口誠・竹山友子・川尻武信・栗原武士(2010).「呉高専生入学時の英語学習意欲の持続性の調査:1年間の経時データからの考察」.『呉工業高等専門学校研究報告』,72,81-88.

リンクリンク

英語文学教材読解と第2言語習得の関係を探る

http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~n_takayk/index.html

PAGE TOP