県立広島大学大学院 人間文化学専攻

栄養科学・健康管理科学研究分野 健康管理科学研究分野
教授 福場良之

Yoshiyuki Fukuba

messageMessage

 主にヒトを対象とした応用生理学をベースとして,生活の中で,運動やスポーツといった身体活動を中心に,ヒトで起こる種々の生理反応を観察し,背景にあるメカニズムを解明する研究を行っています。これまで私自身は,運動時の酸素運搬系を支える呼吸循環機能の調節メカニズムの解明を目的とした研究を中心に行ってきました。現在は,長年,教室独自に培ってきた非浸襲的な各種の測定手技を研究ツールとして,消化吸収のしくみや運動とのかかわりについて明らかにする研究などを,准教授の遠藤(山岡)雅子先生,助教の鍛島秀明先生と共に進めています。最終的には,えられた研究成果を学術論文誌へ発表し,EBM/EBNにおける一つのevidenceを提示することで,健康科学領域に貢献しています。研究背景の文献検索と抄読,実験計画の立案と実施,データの統計的処理と結果のまとめ,結果への考察をへて,国内外の学会での発表,そして最終的には,査読者との大変なやりとりが待っていますが,英語で論文を書いて投稿をへて掲載という,若いうちに経験しておくべき,研究のイロハを学んでみたいという意欲がある研究志向の方を歓迎します。

研究テーマ研究テーマ

 現在の主テーマは,運動時に,活動筋への血流以外の循環,特に内臓や脳,非運動肢への血流が,どのように調節されているのかを明らかにすることで,運動時の全身性の統括的な循環調節メカニズムの解明を目的としています。これらの研究成果は,運動が健康に果たす役割,特に,高血圧,動脈硬化,認知症などへの効果を明らかにする上でその基礎的証拠を与えるものと思っています。応用的課題のひとつとして,日常の身体活動パターン,球技系などのスポーツといった実際場面を模擬した,サイン波状に常に運動強度が変動する運動時の循環系応答の追従性に関する研究を行っています。また,運動に対する内臓血流の調節に関しては,運動時のみならず,食べ物(特に飲料)を経口摂取した際の消化吸収メカニズム(口腔内刺激-胃排出-消化管血流)の理解へと研究の幅を拡げつつあります。
 私の略歴は,以下の通りです。1980年3月,九州芸術工科大学(現:九州大学)・大学院修士課程・生活環境専攻を修了し,学位は広島大学・大学院・医学研究科で医学博士(広島大学・乙2020号)。職歴は,1983年,広島大学・工学部・電気系・人間工学研究室助手,1987年,同大学・原爆放射能医学研究所・社会医学系・計量生物学研究部門に配置換後,1994年,同・講師。1996年4月,県立広島女子大学・健康科学科・助教授となり,2000年に教授。2005年に県立3大学の統合に伴って発足した県立広島大学・健康科学科・教授。現在,同大学・大学院・人間文化学専攻の専攻長。その間,1990年,米国・UCLA・医学部・呼吸生理学研究部門(主任教授:K.Wasserman),1991年,カナダ・Simon Fraser大学・Kinesiology学部・運動生理学研究室(主任教授:E.W.Banister)へ在外研究員,1993年~94年には連合王国・London大学・医学部・生理学教室(主任教授:B.J.Whipp)へ学術訪問研究員として滞在し共同研究に従事。また,1992年12月,ニュージーランド・Massey 大学の公式招待により同大学・短期訪問研究員,2003年8月,フランス・Nancy 大学・医学部の公式招待により同大学・客員教授。海外での招待講演は9回で,直近は2010年8月,連合王国・Leeds大学で開催されたBritish Council国際研究交流事業(Prime Ministers Initiative-2)による国際シンポジウムでの公式招待講演者。主な所属学会は,米国スポーツ医学会(Fellow,FACSM),米国生理学会,日本生理学会(評議員),日本体力医学会(評議員),日本生理人類学会(評議員)など。1996~99年,"Sports Medicine, Training and Rehabilitation -An International Journal-"のAssociate Editor。専門は,呼吸生理学,循環生理学,運動生理学を基礎とした応用人体生理学。


ゼミ風景


実験風景1


実験風景2


実験風景3


実験風景4

message研究業績

論文

  • Endo MY, Fujihara C, Yamazaki C, Kashima H, Eguchi K, Miura A, Fukuoka Y, Fukuba Y (2014) Acute responses of regional vascular conductance to oral ingestion of fructose in healthy young humans. J. Physiol. Anthropol. 33:11. doi: 10.1186/1880-6805-33-11.
  • Yamaguchi Y1, Kashima H, Fukuba Y, Hayashi N (2014) 104 Cerebral blood flow and neurovascular coupling during static exercise. J. Physiol. Sci. 64: 195-201.
  • Endo MY, Hayashi N, Koba S, Morizono Y, Ueoka H, Fujihara C, Fukuba Y (2013) Muscle mechanoreflex mediates vasoconstriction in inactive limb in rats. J. Physical Fitness Sports Med. 2: 381-384.
  • Endo MY, Kajimoto C, Yamada M, Miura A, Hayashi N, Koga S, Fukuba Y (2012) Acute effect of oral water intake during exercise on post-exercise hypotension. Eur. J. Clin. Nutr. 66: 1208-13.
  • Fukuba Y, Shinhara Y, Houman T, Endo MY, Yamada M, Miura A, Hayashi N, Sato H, Koga S, Yoshida T (2011) VO2 response at the onset of heavy exercise is accelerated not by diathermic warming of the thigh muscles but by prior heavy exercise. Research in Sports Med. 20: 13-24.
  • Someya N, Endo MY, Fukuba Y, Hirooka Y, Hayashi N. (2010) 98 Effects of a mental task on splanchnic blood flow in fasting and postprandial conditions. Eur. J. Appl. Physiol. 108: 1107-1113.
  • Miura A, Shiragiku C, Hirotoshi Y, Kitano A, Endo MY, Barstow TJ, Morton RH, Fukuba Y. (2009) 97 The effect of prior heavy exercise on the parameters of the power-duration curve for cycle ergometry. Appl. Physiol. Nutr. Metabolism, 34: 1001-1007.
  • Fukuba Y, Endo MY, Ohe Y, Hirotoshi Y, Kitano A, Shiragiku C, Miura A, Fukuda O, Ueoka H, Miyachi M (2007) Central circulatory and peripheral O2 extraction changes as interactive facilitators of pulmonary O2 uptake during a repeated high-intensity exercise protocol in humans. Eur. J. Appl. Physiol. 99: 361-369.
  • Fukuba Y, Kitano A, Hayashi H, Yoshida T, Ueoka H, Endo MY, Miura A (2007) Effects of femoral vascular occlusion on ventilatory responses during recovery from exercise in human. Respirat. Physiol. Neurobiol. 155: 29-34.
  • Fukuba Y, Ohe Y, Miura A, Kitano A, Endo M, Sato H, Miyachi M, Koga S, Fukuda O (2004) Dissociation between the time courses of femoral artery blood flow and pulmonary VO2 during repeated bouts of heavy knee extension exercise in humans. Exp. Physiol. 89: 243-253.
  • Fukuba, Y, Miura A, Endo M, Kan A, Yanagawa K, Whipp BJ (2003) The curvature constant parameter of the power-duration curve for varied-power exercise. Med. Sci. Sports Exerc. 35: 1413-1418.
  • Fukuba Y, Hayashi N, Koga S, Yoshida T. (2002) VO2 kinetics in heavy exercise is not altered by prior exercise with a different muscle group. J. Appl. Physiol. 92: 2467-2474.
  • Fukuba Y, Hara K, Kimura Y, Takahashi A, Ward SA, Whipp BJ (2000) Estimating the parameters of aerobic function during exercise using an exponentially increasing work rate protocol. Med. Biol. Eng. Comput. 38: 433-437
  • Fukuba Y, Yano Y, Murakami H, Kan A, Miura A (2000) The effect of dietary restriction and menstrual cycle on excess post-exercise oxygen consumption (EPOC) in young women. Clin. Physiol. 20: 165-169.
  • Fukuba Y, Whipp BJ, (1999) A metabolic limit on the ability to make up for lost time in endurance events. J. Appl. Physiol. 87: 853-861.

解説

  • 福場良之 (1994) VO2maxの規定要因,日本ME学会誌[BME], 8(11): 46-56.

総説

  • 福場良之,柳川和優 (1997) ランプ負荷運動テストにおけるガス交換諸量の解析,呼吸と循環, 45: 1103-1111.

分担執筆

  • 福場良之:「運動時換気亢進の成因としての筋内情報の役割」,in「運動と循環 ―研究の現状と課題―」(加賀谷淳子,中村好男編),ナップ出版,東京,pp.219-230,1997
  • 福場良之,山岡雅子,上岡はつみ,三浦朗:「運動すると息づかいが激しくなるのはなぜ?」,「運動を定期的に行うと生活習慣病になりにくい?」,「運動能力は先天的か?」,in「カラダの百科事典」(佐藤方彦編),丸善,東京,pp.352-355,360-363,368-372,2010
  • 福場良之,三浦朗:「Ⅰ部・呼吸機能,第1章 ガス交換のモデリング」,in「身体運動と呼吸・循環機能」 (宮村実晴 編),真興交易(株)医書出版部,東京,pp.16-23,2013

リンクリンク

健康スポーツ科学講座(県立広島大学・健康科学科)

http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~fukuba

PAGE TOP