ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

アフリカの次代を担うリーダーを育成する(一財)あしなが育英会と協定を締結します

ホーム > アフリカの次代を担うリーダーを育成する(一財)あしなが育英会と協定を締結します
2020年6月16日更新 印刷用ページを表示する

 叡啓大学(仮称)と,アフリカの発展を担うリーダー育成構想“Ashinaga Africa Initiative(AAI)(あしながアフリカ遺児高等教育支援100年構想)”を進める一般財団法人あしなが育英会は,叡啓大学の「体験・実践プログラム」の実施やアフリカの学生の叡啓大学への留学について,提携協定を結ぶことに合意しました。

 協定については,文部科学省からの設置認可後,正式に締結する予定です。

<提携協定の概要>

1 叡啓大学のカリキュラムに関する提携 ~世界へ飛び出せ!~

実践力を培うカリキュラム「体験・実践プログラム」の履修先として,あしなが育英会の国内外の拠点で叡啓大学の学生を受け入れ,インターンシップ・ボランティア活動に従事

~ 海外の受入先はアメリカ,イギリス,フランス,ブラジル,ウガンダ,セネガル

2 叡啓大学への留学に関する提携 ~世界を取り込め!~ 
   ※正規留学生に関する協定については国公立大学では日本初!

あしなが育英会が,AAIプログラムにより選抜される学生に対し,叡啓大学を積極的にPRし,本学への留学を希望する受験生を推薦

国際教養力と実践力を培う叡啓大学の教育により,アフリカや世界の発展を担うリーダーの育成に貢献します。

あしながウガンダでの勉強合宿の様子 
あしながウガンダでの勉強合宿の様子(一般財団法人あしなが育英会提供)

◆ 一般財団法人あしなが育英会

あしなが育英会は,病気や災害,自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや,親が重度障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。これまで55年以上の活動を通して,11万人以上の遺児が高等教育への進学を果たしました。2001年より国際的な活動を展開し,ウガンダに初めての海外事業所を開設しました。それ以降,"Ashinaga Africa Initiative"を推進するために,その他の地域にも事業所を開設し,支援の輪を広げています。

◆ Ashinaga Africa Initiative(AAI)(あしながアフリカ遺児高等教育支援100年構想)

あしなが育英会による海外遺児支援事業の一つ。深刻な貧困問題に直面しているアフリカ・サブサハラ地域49か国の各国から毎年一人ずつ優秀な遺児を選抜し,世界の大学へ留学する機会を通じて,次代のアフリカ発展を担うリーダーを育成するもの。

プレスリリース資料についてはこちらからご覧いただけます。 ⇒ プレスリリース資料 [PDFファイル/1.14MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)