ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部(~2020年度) > 【人間福祉学コース・人間福祉学科】教員の取り組み

本文

【人間福祉学コース・人間福祉学科】教員の取り組み

印刷用ページを表示する 2021年3月10日更新

 今年度,人間福祉学科では,オンラインによる実習を行いました。コロナ感染対策の一環で,夏季休業中に社会福祉実習も精神保健福祉現場実習も,どちらも代替措置プログラムとなりました。

 2021年2月3日水曜日に,学科教員全員による研修会を実施しました。内容は,夏季に実施したオンラインでの実習代替プログラムの振り返りです。2つの実習プログラムは,それぞれ特色があり,相互の長所と今後の課題について議論しました。今後も,実習担当教員間で,相互の実習を振り返る機会を持っていきたいです。

男性一人と女性一人が並んで,笑顔で声を出しているイメージのイラスト

 2021年2月17日水曜日には,保健福祉学部主催の「コロナ禍における医療・福祉従事者養成のための実習教育:取り組みと課題」に学科教員が参加し,研修を受けました。学科代表教員が,学科内研修での振り返りの内容を報告し,他学科も実習代替プログラムについて,工夫した点を発表し,相互に実習代替プログラムの構成や教授法について,学びあいました。現場実習での体験的学習には,及ばないことが確認されると同時に,オンラインを活用した新しい学び方について,教員間で議論していく必要があると認識する良い機会になりました。

 折れ線グラフや棒グラフに囲まれて,考えをめぐらせている男性のイラスト