ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 人間福祉学コース > 【人間福祉学コース・学科】教員紹介 越智あゆみ

本文

【人間福祉学コース・学科】教員紹介 越智あゆみ

印刷用ページを表示する 2022年8月30日更新

人間福祉学コース/学科 教員紹介

名  前: 越智あゆみ(おち あゆみ)

担当科目: 精神保健福祉の原理Ⅰ など 

趣  味: “ポイ活” 広島のお土産物を見て回ること

 越智先生写真1

専門分野を研究するようになった経緯

 私は、本学(統合前の広島女子大学)の卒業生です。学生ボランティアとして障害のある子どもたちのデイキャンプに参加した時に、障害が軽いからこその難しさ(周囲に難しさを理解してもらいにくいなど)に気づき、卒業研究論文のテーマに選びました。この卒業研究を通して一層関心を深めたことが、卒業後の大学院進学や現在の職業選択につながっていきました。

研究室の卒業論文テーマ

 人間福祉学コースでは、各自の関心に合わせてゼミを選択し、全員が卒業研究に取り組みます。越智研究室の令和3年度卒業生は、「救急患者家族の心理的変化の過程と各時期に求められる支援方針」、「児童虐待と母親の認知特性との関係」をテーマに、卒業研究論文を完成させました。

人間福祉学コースを目指すみなさんに一言

 人間福祉学コースは、広島女子大学の頃から社会福祉教育に取り組んできており、たくさんの卒業生が実践現場で活躍しています。現場実習や就職活動など、卒業生ネットワークに助けられる場面も多くあります。是非、人間福祉学コースで、一緒に学びましょう。