ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 伊藤 良子(いとう りょうこ)

本文

伊藤 良子(いとう りょうこ)

印刷用ページを表示する 2022年4月1日更新

研究者紹介

伊藤良子先生

所属:保健福祉学部保健福祉学科 看護学コース 職位:講師 学位:修士(保健福祉学)

研究室:県立広島大学三原キャンパス3503号室

E-mail:r-ito@(@の後にドメイン画像を付けて送信ください)

研究内容:https://researchmap.jp/ryokoito

研究に関する自己PR

産後支援の必要な母子とその家族に対して適切な看護支援を提供できるように,ニーズ調査や有効な支援内容について調査や研究を行っています。 

研究テーマ

ネガティブライフイベント・産後サポート・DVリスクが産後うつ傾向に与える影響,ベビーマッサージが周産期のうつ傾向に与える影響,産後ケアに求められるニーズと提供について 

研究の特徴・内容

産後うつやボンディング障害に影響するネガティブライフイベントや夫婦関係(DVリスク)の関係について研究しています。また,ベビーマッサージについて研究し,ベビーマッサージを行うことが愛着やうつ傾向にどのように影響するかについて調査しています。産後うつ病をスクリーニングするだけでなく,直接的支援方法について研究していきたいと思っています。

今後は,産前・産後サポートと産後ケアそれぞれで提供されているケア,利用者のニーズと満足度,各専門職の支援の実際と連携について,事業所や市町と協力しながら研究を行っていきたいと考えています。

また,フォレンジック看護の中のSANE(性暴力対応看護師)として活動しながら,性暴力被害者・加害者・家族を含めた支援について研究を行っていきたいと考えています。 

受験を検討している方々へ

高校で行われている模擬講義では,看護学入門で「HPVの感染や予防」について紹介しています。また,シティカレッジでは小学生を対象にいのちの大切さや性について知ってもらう体験講座を行っています。他にも高校からの依頼にで「LGBT」「性被害」「デートDV」などの性教育講演を行っています。今後は,高校生の性に関する受け止めについて研究していきたいと考えています。

論文リスト

    著書

      専門資格

      看護師,助産師,SANE(性暴力対応看護師) 

      キーワード

      産後うつ,産後ケア,ベビーマッサージ,DV,性暴力被害者支援,性教育 

      関連するSDGs項目

      1345


      所属別一覧