ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 山田 隆子(やまだ たかこ)

本文

山田 隆子(やまだ たかこ)

印刷用ページを表示する 2022年4月1日更新

研究者紹介

山田先生

所属:保健福祉学科看護学コース 職位:講師 学位:博士(保健学) 

研究室:県立広島大学三原キャンパス3418号室 

E-mail:t-yamada@(@の後にドメイン画像を付けて送信ください)

研究内容:https://researchmap.jp/read0124282 

研究に関する自己PR

慢性肝疾患の患者を対象に行っています。患者の多くは慢性肝疾患から肝硬変,肝細胞がんに至るまで長い療養生活を送っています。現在は,アルコール性肝障害により肝移植(生体間・脳死下)を受けた患者を対象に研究活動を行っています。 

研究テーマ

慢性肝疾患から肝細胞がんに至る患者の病いの軌跡,アルコール性肝疾患患者の断酒に至る行動変容に関する研究,アルコール多飲が原因で肝移植(生体肝,脳死下)を受けた患者の断酒に関する思いに関する研究,シミュレーション教育プログラム学習成果と評価,IVR室での新人看護師を対象にしたシミュレーション教育プログラムの作成と評価 

研究の特徴・内容

肝疾患の原因は多くの場合,肝炎ウイルス感染,アルコールの多飲などがあります。患者は慢性肝疾患から肝硬変,肝細胞がんに至るまで長い療養生活を送っています。その中で,患者は何を考えどのように療養行動を送っているのか,大切にしている信念は何か,その信念が療養行動にどのように影響を与えているのかについて関心を持ち研究しています。現在は,アルコール性肝障害により肝移植(生体間・脳死下)を受けた患者を対象に研究活動を行っています。長きにわたり好ましくない生活習慣である多量飲酒をやめる決意には,認識・行動にどのような変化があるのかについて明らかにしたいと考えています。

また教育の一環として行った研究に,「シミュレーション教育プログラムの作成と評価」があります。前任校では学生を対象に,成人看護実習の中で急変時シミュレーション演習を行いました。また,臨床の看護師や医師と共にIVRセンターに就職した新人看護師を対象に,シミュレーション教育プログラムを作成し1年後の追跡調査を行いました。シミュレーション演習を行うことで,知識を演習(行動)で確認し,実践(応用)するという学習方法が効果的であることが明らかになりました。

受験を検討している方々へ

担当している科目は,大学基礎セミナーⅠ,慢性病看護論,慢性病看護方法論,慢性病看護実習,統合実習Ⅰ,卒業研究です。主に慢性病を抱える患者への看護について,講義・演習・実習に携わっています。慢性病は不可逆的に進行し,完治しません。療養生活のなかで,その患者さんが大切にしているものを継続しながら日常生活に療養を取り入れることができるような支援について,学生と共に考えていきたいと思います。

研究は,慢性肝疾患の患者を対象に行っています。肝疾患の原因は,多くの場合,肝炎ウイルスによる感染,アルコールの多飲などといわれています。患者は慢性肝疾患から肝硬変,肝細胞がんに至るまで長い療養生活を送っています。その中で,患者は何を考えどのように療養行動を送っている,大切にしている信念は何か,その信念が療養行動にどのように影響を与えているのかについて関心を持ち,研究を行っています。

連携協力を検討している方々へ

近年は,慢性肝疾患の中でもアルコールによる肝障害をきたした患者に焦点をあて,入院中の断酒行為の意味を明らかにする研究を行ってきました。入院中にアルコール性肝障害患者が断酒できるのは,飲酒によって自身を見失い醜態をさらしてしまったという体験や,多飲による肝不全に陥り飲めない体になっている自覚をした体験などが要因となっていることが明らかになりました。断酒が継続できている患者に共通していることは何か,断酒が困難な患者にとって,断酒を難しくしている要因は何かを明らかにしたいと考えています。そして,断酒の必要性を伝えるだけではなく,患者のおかれている状況を理解しようと努めながら,「良くなりたい」と思う患者の気持ちを高め,本来患者の持っている力を引き出せるような支援をしたいと考えています。現在は,アルコール性肝障害により肝移植(生体間・脳死下)を受けた患者を対象に研究活動を行っています。

患者に対する療養指導の場を作るために,複数の医師とともに研究を行っています。患者への支援を考える研究会・研修会の参加や一部運営に携わるなどしています。今後も,アルコールが原因で健康障害をきたしている患者に日々接する医療者とともに活動をしていきたいと考えています。また,いつか,研究ではなく患者さんのためだけに,断酒できる方法を一緒に考えることのできる療養支援の場をつくりたいと思っています。

論文リスト

    著書

      専門資格

      平成6年4月  看護師免許証 

      キーワード

      慢性病看護,慢性肝疾患,アルコール性肝障害,肝移植,肝細胞がん,行動変容,シミュレーション教育 

      関連するSDGs項目

      sdgs

      3.5薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。


      所属別一覧