ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 看護学コース > 【看護学コース・看護学科】 近藤ゼミの紹介

本文

【看護学コース・看護学科】 近藤ゼミの紹介

印刷用ページを表示する 2022年5月18日更新

 近藤研究室での取り組み


〔取り組みテーマ:精神障害者の地域移行支援と地域生活支援〕
 現在,厚生労働省は入院中心の精神医療から地域生活を支えるための精神医療に向けての施策をより強力に推進し,精神障害者の一層の地域移行支援に向けての取り組みを行っています。そこで、長期入院中の精神疾患患者の地域移行を目指した効果的な退院前訪問指導のあり方について研究をしています。さらに地域生活の定着を促進するための取り組みとして,精神医療における地域包括ケアの視点で精神障害者の地域生活支援について検討したいと考えています。

〔これまでの研究〕

 精神科病棟における退院前訪問指導の実際 -精神科看護師へのグループインタビューから-​
 精神科看護師の退院前訪問指導の現状と課題 -急性期病棟と慢性期病棟の比較-
 地域で生活する精神障がい者の災害に関する語り

 精神障害者がその人らしく,安心して地域で生活していくために,地域移行支援として居住の場の確保や地域生活を支えるサービスの確保など訪問看護師を中心とした多職種,他機関との連携,協働した支援が求められています。災害にも対応できるような支援の検討も必要になります。

 精神科看護師の支援の実際や精神障害者の災害に関する語りから,効果的な地域移行支援や地域生活支援の検討をするための示唆を得ました。

  これまでの研究業績は研究者紹介(近藤美也子)をご覧ください


 学部ゼミ


 〔過去の卒業研究〕

年度

研究テーマ

2021

統合失調症患者の行動制限の最小化に向けた看護の実際

精神科病棟入院中の統合失調症患者の服薬アドヒアランス獲得を目指す援助

術後せん妄を発症した患者に対する看護の実際

2020

精神科看護師が行う精神科病棟入院中の認知症患者の家族への退院支援

統合失調症患者の地域生活定着を支援する精神科訪問看護の実際

長時間の夜勤による睡眠不足と疲労が看護師に与える影響

2019

精神科看護師が行うストレングスを活用した援助の実際

精神科看護師が行う長期入院中の統合失調症患者への退院支援の実際

緩和ケア病棟における終末期患者への援助の実際

2018

統合失調症患者の地域定着を促進するための精神科訪問看護師の援助の実際