ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > ブランド企画推進課 > 【プレスリリース】ヒトの「ライトタッチ現象」を利用したバランス能力向上装置を開発

本文

【プレスリリース】ヒトの「ライトタッチ現象」を利用したバランス能力向上装置を開発

印刷用ページを表示する 2021年4月21日更新

  本学保健福祉学部の島谷康司教授と横浜国立大学工学研究員の島圭介准教授らの研究グループが、ヒトが何かに触れていると安定するという「ライトタッチ現象」に着目し、何もない空間で物体に触った感覚を振動として指先に与えることで、この現象を再現できることを世界で初めて発見・実証しました。開発した装置を装着することで、どこにも触らなくてもバランス能力の向上が可能となり、ヒトが転倒するリスクの評価や機能改善に向けた訓練への展開が期待できます。成果は学術雑誌「Nature」の姉妹紙「Scientific Reports」に発表されました。詳細はニュースリリースをご覧ください。

ヒトのライトタッチ現象を利用したバランス能力向上装置を開発 [PDFファイル/387KB]

 

振動によるフィードバック

    

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)