ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 国際交流 > 国際交流の取組 > 一般社団法人外国人支援センター及び広島県華僑華人総会からマスクを寄贈頂きました

本文

一般社団法人外国人支援センター及び広島県華僑華人総会からマスクを寄贈頂きました

印刷用ページを表示する 2020年5月28日更新

 一般社団法人外国人支援センター及び広島県華僑華人総会から新型コロナウイルス感染拡大防止対策のためにマスクの寄贈を頂きました。

 両団体は,日本が中国へ行った新型コロナウイルス対策支援への感謝から,関係のある学校や団体等にマスクの寄贈をしており,5月27日に本学にも500枚寄贈を頂きました。

マスクの入った箱には

・「一衣帯水」(日本と中国は一筋の帯のような狭い海をへだてて近接しています)

・「風雨同行」(苦難を一緒に乗り越えましょう)

・「相護以罩」(お互いに助け合いましょう)

・「共待天明」(明るい未来を共に待ちましょう)

のメッセージが添えられていました。

新型コロナウイルス感染症に関連し,マスクの品薄状態が続いている折,このように温かなお心遣いをいただき,心から感謝申し上げます。

ご寄贈いただきましたマスクにつきまして,御趣旨に沿い,マスクを必要とする外国人留学生への配付をはじめとする新型コロナウイルス感染症の感染予防対策のため,有効に活用させて頂きます。一般社団法人外国人支援センター代表理事・広島県華人華僑総会副会長 曽 憲忠様(写真右)  マスク

一般社団法人外国人支援センター代表理事・広島県華僑華人総会副会長

​曽 憲忠 様(写真右)

メッセージ