ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 人間文化学専攻 > 令和2年度修士学位論文発表会を開催しました。  (人間文化学専攻 栄養科学・健康管理科学研究分野)

本文

令和2年度修士学位論文発表会を開催しました。  (人間文化学専攻 栄養科学・健康管理科学研究分野)

印刷用ページを表示する 2020年8月31日更新

 令和2年8月27日木曜日午前10時00分から令和2年度 大学院総合学術研究科 人間文化学専攻 栄養科学・健康管理科学研究分野の修士学位論文発表会が開催され、修士学位論文を提出した1名が研究成果を発表しました。本会は、Microsoft Teamsによりオンラインで行われ、研究成果発表は一人20分間行い、その後10分間の口述試問が行われました。口述試問では参加した教員と活発な議論が交わされました。

日 時

  令和2年8月27日(木曜日)10時00分から10時50分

会 場

      Microsoft Teamsによるオンライン発表

発表者

  令和2年度修士学位論文提出者1名(栄養科学分野)

プログラム

      10時00分から10時10分  開会の辞

      10時10分から10時40分  発表(発表者1名につき発表時間20分、口述試問10分)

      10時40分から10時50分  閉会の辞

題目

1 10時10分から10時40分
    発表者  王 潤
    題   目  米糠タンパク質の機能特性向上に関する研究
    座   長  谷本 昌太 教授
    副   査  杉山 寿美 教授、松本 拓也 准教授