ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 助産学専攻科 > 【助産学専攻科】助産実習Ⅰ・Ⅱ(学内):産褥期・新生児期の助産技術

本文

【助産学専攻科】助産実習Ⅰ・Ⅱ(学内):産褥期・新生児期の助産技術

印刷用ページを表示する 2020年9月22日更新

【助産学専攻科】助産実習Ⅰ・Ⅱ(学内):産褥期・新生児期の助産技術の演習を行いました。

8月24日(月曜),助産実習Ⅰ・Ⅱ(学内)で,産褥期・新生児期の助産技術を学びました。

既に,オンライン授業の中で,産褥期・新生児期のフィジカルアセスメントや健康教育(保健指導)の学習は,動画を用いて行っていました。
学んだことを活かして,いざ実践。

動画教材を用いて,動画の中で行われている実践をクリティークし,自分たちも行ってみると,
スムーズにいかないことに気づいたり,覚えていない根拠を確認しないといけないことに気づいたり,
頭を使って体を動かす助産の醍醐味を味わいました。

オンライン授業から受け持っている模擬事例に対して,授乳支援や健康教育(保健指導)を行いました。
相手の顔しか見えない中で行う健康教育(保健指導)より,格段にやりやすいこと,
褥婦役の表情・声のトーン以外の言動から,様々なサインに気づくことができました。

産褥期の健康教育の場面
   模擬褥婦役の学生に,助産学生が授乳支援をしている様子