ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 助産学専攻科 > 【助産学専攻科】対面授業:助産診断・技術学Ⅱ(産科の救急対応・会陰縫合)

本文

【助産学専攻科】対面授業:助産診断・技術学Ⅱ(産科の救急対応・会陰縫合)

印刷用ページを表示する 2020年9月22日更新

【助産学専攻科】対面授業:助産診断・技術学Ⅱ(産科の救急対応・会陰縫合)の授業を行いました。

8月24日(月曜)に,「産科の救急対応・会陰縫合」の授業を行いました。

助産師は,周産期の女性に関わる専門職です。
臨床で助産師は,産科医と協働して,妊産婦が安全・安心して妊娠期を過ごし,出産となるようにサポートします。
妊娠・出産は病気ではありません。
しかし,正常から逸脱すると急変し,母子が生命の危険にさらされます。
そこでの対応を学ぶことは重要です。

会陰縫合を学んでいる様子  会陰縫合を学生が行っている様子
  講師から会陰縫合技術を学んでいる様子        学生が持針器を持ち,縫合をしている様子