ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 助産学専攻科 > 「助産診断・技術学Ⅱ」(会陰縫合)の講義・演習を行いました。

本文

「助産診断・技術学Ⅱ」(会陰縫合)の講義・演習を行いました。

印刷用ページを表示する 2019年6月17日更新

「助産診断・技術学Ⅱ」の会陰縫合の講義・演習を行いました。

出産の様式には,経腟分娩と経腹分娩(帝王切開術)の2種類あります。
経膣分娩は無傷で終えることもありますが,会陰部分に裂傷が起きたり,切開を行うことがあり,会陰部の傷ができる方がいます。
会陰縫合とは,裂傷か切開でできた傷を縫合することを言います。

今回の講義・演習では,会陰縫合の基礎的な知識を習得し,実際に持針器と縫合用糸を使って会陰縫合の演習を行いました。

会陰縫合の演習の様子1  会陰縫合の演習の様子2