分子機械学 研究室


English Page
(最後の更新 2020/03/18)
研究紹介 1)鞭毛の運動機構
2)鞭毛の構築機構
3)微小管モータータンパク質の動作機構
メンバー紹介 スタッフ     1名
大学院生   2名
学部学生  10名 

プラス 客人
最近の業績 2010年頃からの業績
最近のできごと
・(2020年3月18日) (縮小版の)卒業式が行われました。 コロナウィルスにより世間が騒がしい中、無事、式ができてよかったですね。 卒業生(修士2名、学部学生4名)のご活躍をお祈りします。


・ (2020年2月13日) 今日は修士論文の発表会です。 小松君と近藤君が2年間の集大成を発表しました。 お疲れ様です。

・ (2020年2月7日) 今日は卒業研究の発表会でした。 発表が無事終わって、当人、教員ともにホッとしました。
    

・(2020年2月6日)  鞭毛部品の欠失により動かなくなったクラミドモナスに高静水圧(水深 6,000 m) を加えると泳ぎ出すという不思議や現象を見つけました。その内容を、 Scientific Reports (Nature Research)に発表しました。 近畿大学の西山雅祥先生との共著論文です。

・(2020年2月3日) 大阪大学の栗栖 源嗣先生のグループと共同研究を行い、鞭毛ダイニン外腕の構成部品を構造解析しました。Journal of Bilological Chemistry に発表しました。 ダイニンと微小管の相互作用を制御する機構の一端が明らかになりました。

・(2020年1月10日-12日) 京都産業大学にて、生体運動合同班会議が開かれました。小松君が発表しました。 反響がありました。 よかった!

・(2019年11月11日) 大学院特別講義の講師を、筑波大学・臨海実験センターの稲葉一男先生にお願いして、海産動物を使った鞭毛・繊毛研究について熱く語っていただきました。

・(2019年9月24日-26日) 生物物理学会が宮崎のリゾート地、シーガイア、で開かれました。院生の小松君が発表しました。

・(2019年9月12日-14日) 動物学会が大阪市立大学で開催されました。院生の近藤くんと小松君が発表しました。

・(2019年9月5日―6日) クラミドモナス会議が東京工業大学長津田キャンパスで開かれました。 八木と院生の近藤くんが参加しました。

・(2019年5月11日―12日) 生物物理学会の中四国支部会大会(県立広島大学サテライトキャンパス) の実行委員長を八木が担当しました。  多くの研究室メンバーが大会運営を手伝ってくれました。 どうもありがとう。

誰かが物陰からそっと、、、


面白いねー。 でも、難しいねー。 

私が撮影しました。


また、近藤君が研究内容を発表しました。 堂々としていて、質疑もしっかりしていました。


・(2019年4月30日) 平成が終わりました。 令和を迎え、新たな気持ちで研究を進めよう。

・(2019年4月1日) あらたに、7名の新3年生を迎え、新体制の研究室が始動しました。

・(2019年3月20日) 春らしい晴天のもと、卒業式がおこなれました。7名の学生が無事卒業しました。 4月からの新生活、頑張ってください。


・(2019年2月6日―7日) 卒業研究発表会が開催されました。今年は7名でした。

・(2019年1月4日―6日)毎年恒例の、生体運動合同班会議(於:福岡大学)に参加しました。大学院生の近藤君が研究発表を行いました。博多で玄界灘のイカと、とんこつラーメンを堪能しました。

・(2018年10月28日―11月12日)研究交流のため、さらに、 Imperal College London から、Louie Henderson 君、 Halle University からChristian Otten君がやってきました。休日に、彼らと一緒に原爆ドームと宮島散策に出かけました。


(2018年10月2日ー23日) 研究交流のため、Imperial college London から Tobias Zachs 君がやってきました。 セミナーをやっていただき、その後、歓迎会も行ないました。

・(2018年9月15日-17日) 生物物理学年会(岡山)に参加しました。小松君と近藤君が研究発表を行いました。 たくさんの研究発表を聞き、彼らも刺激を受けたようです。
リンク  現在拡充中

県立広島大学生命環境学部トップページへ戻る


このページに関するお問い合わせはyagit@pu-hiroshima.ac.jp