分子機械学 研究室


English Page
(最後の更新 2018/3/23)
研究紹介 1)鞭毛の運動機構
2)鞭毛の構築機構
3)微小管モータータンパク質の動作機構
メンバー紹介 スタッフ1名
学部学生10名 

プラス 客人
最近の業績 2010年頃からの業績
最近のできごと
・(2018年3月23日)卒業式が行なわれました。6名が無事巣立ちました。

・(2018年2月15日ー28日)現4年生と3年生による新人(新3年生)の初期研修を行ないました。

・(2018年2月6日-7日) 卒業研究発表会が行われました。 (発表風景)。

・(2018年1月5日-7日) 2018年 生体運動研究合同班会議(於:法政大学 ・ 市谷キャンパス)に参加しました。 小松君と近藤君がそれそれ新規内腕ダイニン・外腕ダイニン変異株の解析結果を発表しました。 質問がたくさん出て、とても好評でした。

・(2017年12月20日) 研究室の大掃除をして、その後、忘年会をしました。4年生はもう少しで卒業だ、もうひとがんばり!!

・(2017年12月6日-8日) 福永研・菅研といっしょに卒研プレセミナーを行ないました。

・(2017年10月30日-11月2日) 風光明媚な淡路島でダイニンの国際会議があり、八木が発表しました(下記サイト参照)。 http://www.dynein-workshop.com/

・(2017年10月5日) 庄原格致高校の生徒さん約40名の訪問を受け、クラミドモナスを使った実験を体験してもらいました。

・(2017年9月21-23日) 日本動物学会(富山)で八木が発表しました。

・(2017年9月20-21日) 日本生物物理学会(熊本)で4年生の近藤裕祐君がポスター発表を行いました。 好評でした。この調子で卒論研究を充実させよう。
リンク  現在拡充中

県立広島大学生命環境学部トップページへ戻る


このページに関するお問い合わせはyagit@pu-hiroshima.ac.jp