トップコース概要教員紹介 | 教育 | 入試情報
 学生の声最近の話題アクセス

 アドミッションポリシー環境科学コースを受験する皆さんへ(2020年4月以降の入学を目指す方へ)

■入試情報

■入試情報
 
 入学試験に関わる情報につきましては、以下をご覧ください。

  ・学部入試に関する情報

  ・コースのアドミッションポリシー

  ・大学説明会・オープンキャンパスに関する情報

  ・再編Q&A

 

■生命環境学科 環境科学コースを受験する皆さんへ

.

2020年4月以降の入学を目指す方へのお知らせ

令和2(2020)年4月以降の入学試験では
変更点がありますので、以下の通りお知らせします。


①個別学力検査の科目が「総合問題」に変わります。

 総合問題って何?今までの入試とどう変わるの?何を勉強すればいいの? (再編Q&Aより)
 教科・科目に対する「知識・技能」に加えて,その「知識・技能」を活用(応用)する力をより重視するために実施する,理解力,表現力,論理的思考力等を総合的にみる形式の問題です。令和2年度入学者選抜では,一般選抜(前期日程・後期日程)において総合問題を出題します。総合問題だからと言って特別な対策は必要ありません。今の高校の学習にしっかり取り組んでいれば,対応できます。
 総合問題の詳細はこちらをご覧ください。



②経過選択制が導入されます 【一般選抜(後期日程)の入学者のみ対象】

 生命環境学科では後期日程が学科一括募集となり、合格・入学する学生は全員、経過選択制(*)対象者となります。経過選択の学生は、2年生の前期(第2クオーター)までの1年半、時間をかけて、じっくりと自分の学びたい分野や方向性を決めることができます。そして、2年生後期(第3クオーター)から生命科学コースあるいは環境科学コースのいずれかに配属され、それぞれのコースの教育・研究プログラムに基づいて学修を深めていきます。「大学に入学後、生命環境分野が関わる様々な内容を学びながら自分の専門性を決めてきたい」と考えている人にはピッタリの仕組みだといえます。

*生命科学コース・環境科学コース対象の経過選択制について教えて下さい。(再編Q&Aより)
 経過選択制は,2年次の後期(第3クォーター)から生命科学,環境科学いずれかのコースを選択する制度です。後期入学者(20 名)のみ対象で,2年次の前期(第1,第2クォーター)間に希望調査を行う予定です。


 一方、一般選抜(前期日程)はコース専願募集で、環境科学コースを受験して合格した場合は、環境科学コース所属の学生として入学し、4年間を過ごします。

 


■生命環境学科 環境科学コース概要について


 環境科学コースの概要については、コース概要のサイトをご覧ください。