Copyright © 2020 Department of Local Resources, PUH. All Rights Reserved.
2021年春!キャンパス周辺の桜が見頃です
完全閉鎖型植物工場が完成しました
完全閉鎖型植物工場 栽培テスト中
水耕したトマトや葉物野菜            フィールド科学実習I
ハウス栽培したメロンの収穫           フィールド科学実習I
ベトナムからの遠隔講義を受講          国際異文化農業体験演習
茶葉からの光合成色素分離 生物学実験
収穫したリンゴの加工実習 食品加工場
庄原キャンパス 正面から1号館を臨む
 「農」と「食」
人々が将来にわたり
安定した生活を
維持するために
私たちにできること

県立広島大学 地域資源開発学科
727-0023 広島県庄原市七塚町5562

Department of Local Resources,
Prefectural University of Hiroshima
5562 Nanatsuka, Shobara, 727-0023, Japan
2021.4.5 New students enrolled in our department! Congraturations!
2021.3.1 New plant factory will come soon.

2021.1.4 A happy new year 2021! News@education & research.
2020.12.24 Website Renewal Notice. Thank you for always visiting Dept. of Local Resources, PUH.
        The website has been renewed.
2020.4.1 New department has been established on 1 April 2020.

 当学科の🔗新着情報をぜひチェックしてください。 随時更新しています。
 
🔗 教員紹介 🔗 教育・研究掲示板 🔗 植物工場 🔗 学生Now!

Welcome to the Dept. of Local Resources
地域資源開発学科のPVを是非ご覧ください (@YouTube)


学科PV_vol.2 植物水耕栽培と食品加工実習の紹介(4:26)  
学科PV_vol.1 キャンパスのドローン画像は必見です(3:04)
 県立広島大学 生物資源科学部 地域資源開発学科です。広島県内はもちろん,県外や海外からも当学科に関心を寄せていただきまして,誠にありがとうございます。令和2年4月に留学生1名を含む第一期生を迎えました。当学科では,豊かな自然に囲まれた県北「七塚原高原」から,持続可能な「農」と「食」を探究していきます。

第二期生40名の令和3年度入学式を行いました。

4月6日,本日は学科オリエンテーションです。チューターの先生と新入生の写真を撮りました。

◆ 地域資源開発学科の特徴・取組内容・想定される進路等は,以下の資料にまとめております。

*画像をクリックすると最新版PDFを
ダウンロードすることができます。

   
■Professional Education and Research Programs
 ◆地域資源開発学科は,農業生産開発系,食品分析開発系,農食マネジメント系の専門分野の教員が所属しています。 現場で活かせる技術・知識と経営の専門知識を身に付け,科学的根拠に基づく実践力とマネジメント力を駆使して地域社会を活性化,牽引できる人材を育成します。

個々の教員に関する情報は, 🔗教員紹介 を是非ご覧ください。 受験を考えている方は勿論,在学生で専門分野を考えていくためにも必読情報です。

*教員11名の「研究」内容をピックアップしています。
フォトモーションのデータは,PDFでダウンロードできます。クリックしてくださいね。
☛研究ピックアップ!

 ☆Drone/ドローンの教育&研究

私たちは,ドローンを活用した次世代農業に注目しています。

令和2年度(2020)入学の一期生は,既に実習で操縦体験を始めています。今後は,より実践的な教育・研究を進めて行きます。

Learn more (@YouTube) >>

空撮の様子は画像をクリック!

We focus on higher education for the latest agricultural research fields. One of the latest developments is the increase in the use of small, unmanned aerial vehicles (UAVs), commonly known as drones, for agriculture. Drones are remote controlled aircraft with no human pilot on-board. These have a huge potential in agriculture in supporting evidence-based planning and in spatial data collection.

(cf., FAO and ITU, 2018, ISBN 978-92-5-130246-0s)



 ☆植物工場の教育&研究

私たちは,「完全閉鎖型植物工場」を活用した次世代農業に注目しています。現在施設を建設中です(令和3年度稼働予定)。小規模ながら栽培育成施設と出荷作業施設を兼ね備えた植物工場を教育・研究に活用できる学科は,公立大学として珍しく,大きなアドバンテージとなります。

施設の平面図:建物面積は224.16㎡

2021.4.6 3.26に内見した様子です。装置等の配置をして、防塵の装備をしています。


2021.2.26 施設内部がかなり出来上がりました。 3月末には栽培施設等が設置されます。画像をクリック!

令和2年度(2020)入学の一期生は,現有の温室内に仮設置した水耕施設を活用して,ハイポニカメロン,トマト,レタス,コマツナなどの定植から収穫までを体験しています。


Learn more (@YouTube) >>

LED照明型の水耕栽培装置による実習の
様子。詳細は画像をクリック!

Plant factory is one of the ideal indoor farming system for efficient quality food production. We are working on the research of closed plant production system to yield food crops for both improved food security and environmental sustainability.
☆高大連携/接続など
Education and research activities featuring the articulation between high schools and PUH.

 
 Read more >>第六期 第2回および3回ステップステージオンラインセミナー講師(荻田,馬渕);第六期 研究計画ポスター発表 審査など


 Read more >>広島県立西条農業高等学校SSH協力員(研究連携:吉野,山本,荻田)


 Read more >>連携大学としての講義提供(原田)

☆公開講座など
令和二年度県立広島大学市民公開講座 「イネを見る」
Learn more >>「酸化に強い?コメ油の良さを見てみましょう」(山本)
☛特色ある施設

 附属フィールド科学教育研究センターは,中山間地域の資源や環境を活用して,食料・環境に関わる多様な現代的問題の解決に貢献する人材を育成するための施設です。



















研究圃場,水田,果樹園,温室,環境工学実験棟,食品加工場などが整備されています。

フィールド科学教育研究センターPV @YouTube (2:13)

☛新「食Pro.」育成プログラム 広島で初認定!

 「食の6次産業化プロデューサー」(愛称:食Pro.)では、エントリーレベルのレベル1からトップ・プロのレベル6まで、6段階でレベル認定を行います。当学科指定のカリキュラム*を受講して、レベル1およびレベル2に相当する できる(実践スキル)や、わかる(知識)を習得できるようになります。🔗外部リンク食プロのページはこちら。

フィールド科学の講義&実習

 当学科では1年次から「フィールド科学実習I」を履修します。今年は新型コロナウイルス感染症への対応から,実習の実施自体が大きく制限されました。ここでは6月下旬から進めてきた実習内容の一部ですが,みなさんに紹介します。



🔗果樹園のブドウ管理2020.6.25


🔗コマツナの生育調査2020.8.7

🔗フィールド科学教育研究センターのHPはこちらです
*実習の他、活動の様子もご覧いただけます。

☛関連情報

 甲村 浩之 教授が「夢ナビライブ大阪会場」で講義ライブ「地域資源を生かすフィールド科学」を行いました。その模様をぜひご覧ください。
 荻田信二郎 教授の「植物の成長 分化 代謝をコントロールして有効活用する」も加わりました。

  
 ☛特色ある科目

 当学科では2年次配当の必修科目「国際異文化農業体験研修」において,全員が海外での研修を行います。

第一期生はR3年度に実施予定です。場所はベトナム🔗Thai Nguyen University of Agriculture and Forestry (TUAF)です。

R2年度の取り組みとして、本学とTUAF協働でWeb会議や交流を企画しています。関連情報は随時お知らせします。
  
2020.6.18:R2年度「国際交流推進事業(短期受入プログラム事業),”新カリキュラム「国際異文化農業体験研修」に対する目的意識の定着”が採択されました。

2020.8.2:【地域資源】国際異文化農業体験研修プロジェクトのTeamsサイトを立ち上げました。オンラインでの学生‐教員間のコミュニケーション活性化を目指します。

2020.9.14:研修前のアンケートをFormsで行いました。海外に行ったことのある人は全体の1/3でした。2/3の人は初めての海外経験をつめるということになりますね。これまで何らかの英語資格試験を受けたことがあるか という質問に対しては全員が受験経験ありという回答でした。

2020.10.16:外務省海外安全ホームページ、在ベトナム日本大使館、在日ベトナム大使館HPなどの閲覧等による学修を行っています。

2020.11.24:ベトナムThai Nguyen大学のDr. Hoang Thi Bich Thao先生をお招きしてZoomで双方向接続,英語での講義を行って頂きました。学生にとって良い刺激になったようです。詳しくは以下の🔗まで

Thai Nguyen大との双方向英語講義


*なお,この研修では,別途150,000円程度かかる見込みです。
 
 こちらはイメージをつかんでもらう参考として、インドネシアの協定校Jember大学で2019年度に実施した海外研修の様子です。学生10名が10日間研修に行きました。

🔗
詳しくはこちらをご覧ください。


■当学科のアドミッションポリシー(AP)


 「農」や「食」の分野において,専門的かつ実践的な知識・技術と科学的根拠に基づく情報発信力・実践力・マネジメント力を有し,地域の課題解決に貢献できる技術者及び実践的研究者として活躍したいと考えている人,他者と協働しながら主体的に活動し,課題解決策を発信していく熱意と行動力を持った人を求める。

◆未来につながる持続的農業システムや食品加工に強い関心を持ち,
専門的知識・技術を用いて産業の創設や6次産業化により
地域の発展に貢献する意欲がある人

◆里山の利活用や保全に関わる分野で活躍したいと考えている人

◆伝統的知識と科学的知識の双方を吸収・融合させ,
地域に還元することで地域の課題解決に貢献する
技術者・実践的研究者を目指す人

◆実験や実践的なフィールド研究によって自ら課題を解決し,
新しい発見を目指す知的探究が好きな人

◆農業へのICTやAI,ロボット技術の活用や農業,食品に関わる
経営マネジメントに興味があり,探究する意欲がある人

◆「農」・「食」の分野における専門家を目指し,大学院に進学して
より深い知識や高い技術を身に付け,グローバルに活躍したい人

◆柔軟な思考と実践力を身に付け,地域社会が抱える
多様な問題に対し粘り強く果敢に立ち向かい解決しようとする人

 

 県立広島大学TOP  生物資源科学部TOP
生命科学コースのウェブサイトはこちら 環境科学コースのウェブサイトはこちら