ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 教育 > 大学教育再生加速プログラム「高大接続改革推進事業」 > 平成28年度 県立広島大学教育改革フォーラムを開催します

平成28年度 県立広島大学教育改革フォーラムを開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

テーマ 「 アクティブ・ラーニングと高大接続 」

案内チラシ
 本学は,平成26年度に大学教育再生加速プログラム(AP)テーマⅠ(アクティブ・ラーニング)に選定され,全学的なアクティブ・ラーニング(AL)の導入に努めています。平成28年度からAP事業は「高大接続改革推進事業」として位置付けられ,これまで以上に高等学校と大学との連携が求められるようになりました。
 この度,第3回となる教育改革フォーラムを開催し,高等学校のALで培った力を大学でさらに伸ばすために何が必要か,高等学校と大学双方の視点から考えてまいります。
 皆さまのご参加をお待ちしております。

日時 

 平成29年3月3日(金曜日)14時00分~17時40分

場所

 県立広島大学 広島キャンパス 大講義室
 (広島市南区宇品東一丁目1番71号)

対象

 本学教職員・学生,大学・高校等関係者,高等教育に関心のある方

プログラム

14:00~14:05 開会挨拶
       中村 健一 学長
14:05~14:10 趣旨説明
       馬本 勉 AP事業推進部会長
14:10~15:20 講 演「高等学校におけるアクティブ・ラーニングと高大接続改革」
       立上 良典 学校法人鶴学園初等中等教育研究センター長・前広島県立西条農業高等学校長
15:30~16:30 大学実践紹介「アクティブ・ラーニングを通じた人材育成の課題」
      実践報告(1)「アクティブ・ラーニングを中心に据えた教育改革の取組」
       丸山 浩明 総合教育センター副センター長 ,馬本 勉
      実践報告(2)「ルーブリック教育がアクティブ・ラーナー養成に如何に効果的か」
       三苫 好治 生命環境学部教授・環境科学科FDer
16:35~17:35 全体討議「主体的な学びのリレーへ向けて」
     ◇登壇者
       立上 良典
       見舘 好隆 北九州市立大学准教授/本学AP評価委員会委員
       丸山 浩明
       三苫 好治
       馬本 勉 (コーディネーター)
     ◇講 評
       肥後 功一 島根大学大学院教育学研究科教授/本学AP評価委員会委員長
17:35~17:40 閉会挨拶
       西本 寮子 副学長(教育・学生支援担当)
17:50~19:00 情報交換会(会場:広島キャンパス食堂)

参加費

 無料
 ※情報交換会:会費 2,000円

お申し込み方法

2月27日(月曜日) 3月2日(木曜日)までに,下記のいすれかの方法によりお申し込みください。

(1)WEBからのお申し込み
 申込フォームに必要事項を入力し,送信してください。

(2)メールによるお申し込み
 (1)氏名,(2)所属,(3)連絡先(電話番号またはメールアドレス),(4)情報交換会への参加有無を明記の上,下記アドレスまで送信してください。
  kaikaku[at]pu-hiroshima.ac.jp  ※[at]を@に変えてください。

お問い合せ

 AP事業推進部会(本部経営企画室内)
 電話:082-251-9727,Fax:082-251-9405

このページのトップへ