ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

最新のお知らせ

新着情報のRSS配信

現在、掲載されている情報はありません。


目標・計画等

将来構想について

 平成17年度の開学や平成19年度の法人化後に,本学を取り巻く環境が大きく変化する中で,次期中期計画(H25~30)の策定に併せて,概ね10年後を展望した,本学の目指す姿,重点戦略等を「県立広島大学将来構想」として取りまとめました。

中期目標について

 「中期目標」は,地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第25条の規定によって,公立大学法人県立広島大学の設置者である広島県が定め,本法人に提示する「本法人の達成すべき業務運営に関する目標」です。

 本法人は,この目標に基づいて,6年間の「中期計画」を策定し,目標達成に努めます。

中期計画について

 公立大学法人県立広島大学は,広島県が定めた「中期目標」を達成するとともに,大学の基本理念である「地域に根ざした,県民から信頼される大学」を実現するため,6年ごとに「中期計画」を策定しています。

 平成25年3月には,県が定めた第二期中期目標の「地域に貢献する公立大学として,産業界や地域社会が求める資質・能力を身につけ,企業や地域社会において活躍できる実践力のある人材を育成するとともに,地域に根ざした高度な研究に取り組み,地域との連携を一層強化し,地域再生・活性化の核となる大学」を実現するために,平成25年4月から平成31年3月までの6年間を計画期間とする「第二期中期計画」を策定しました。

 ≪第二期中期計画について≫

 本法人は,地方独立行政法人法第26条の規定に基づき,広島県知事に「第二期中期計画」の認可を申請し,平成25年3月27日に認可を受けています。

  この「第二期中期計画」では,「第二期中期目標」に掲げる,次の4つの目標を達成するために取るべき措置をまとめています。

1 実践力のある人材の育成(教育の質の向上)

2 地域に根ざした高度な研究(研究の質の向上)

3 大学資源の地域への提供と新たな知的資産の創造(地域貢献)

4 大学運営の効率化(法人経営)

年度計画について

 中期計画の達成に向け,年度ごとに取り組むべき事項を,毎年度,「年度計画」として定めています。

このページのトップへ