ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 研究者・研究紹介 > 重点研究事業 > 平成29年度 重点研究地域課題解決研究活動報告(2)

平成29年度 重点研究地域課題解決研究活動報告(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月3日更新

 

尾道市における文化施設マネジメント ~国内映画資料館の実態調査による比較研究~

概要

 

研究代表者

学部・学科

経営情報学部経営学科

職位

教授

氏名

矢澤 利弘

課題提案者

尾道市企画財務部文化振興課 

研究課題名

尾道市における文化施設マネジメント  ~国内映画資料館の実態調査による比較研究~

研究の概要

 本研究は、おのみち映画資料館を核とする尾道市の文化施設のマネジメントの具体的な展開方向を明らかにすることを目的としています。全国に立地する複数の映画資料展示施設について、フィールドワークの手法による事例比較分析を行い、尾道の位置付けを明らかにし、政策の立案を行います。

活動状況

 尾道市を文化面で活性化させるための一助として、尾道市の文化施設のマネジメントをいかにすべきかという視点で調査研究しています。そのために、日本各地にある映画資料館のマネジメントの状況を実地調査し、それらの経営実態を比較検討することによって、文化施設のマネジメントモデルを導出します。例えば、尾道市の「おのみち映画資料館」のほか、北海道札幌市の「北の映像ミュージアム」、東京都中央区の「東京国立近代美術館フィルムセンター展示室」、埼玉県川口市の「Skipシティ映像ミュージアム」など、各地の映画資料館を対象に現地調査と聞き取り調査を行い、データを収集して、施設マネジメントの諸形態についての比較分析を進めています。

YAZAWA1       YAZAWA2

  主な研究対象の「おのみち映画資料館」          「北の映像ミュージアム」の佐々木理事長にインタビュー調査

   

 

 問合先

県立広島大学 経営企画室

〒734-8558
広島県広島市南区宇品東一丁目1番71号
電話番号 (082)251-9534(ダイヤルイン)
電子メール kikaku2@pu-hiroshima.ac.jp


このページのトップへ